【解説】ジョイコンのスティックを自分で簡単・格安に修理する方法!

「あれ?Joy-Conのスティックが勝手に入力されている」

「キャラクターが勝手に動いたり、カメラがぐるぐる回ったりする…」

Nintendo Switchのコントローラー『Joy-Con(ジョイコン)』は、アナログスティックに上記のような不具合・故障が起きやすいという話を良く耳にします。

海の向こうではこの不具合に対して、何やら集団起訴までに発展しているとか。

かくいう私もこれまで6本ほどのジョイコンを使用しており、その全てのものに同様の不具合が発生しています。

この不具合は放置していればそのうち直るかと言えばそうでもなく。段々と症状が悪化し、ゲームがプレイできない深刻な事態にもなっていくので厄介です。

そんなアナログスティックの不具合を解決すべく、私が実際に自分で経験した修理方法(2種類)について今回はお話していきます。

大前提として保証期間内のものに関しては任天堂のサポートに送る事をオススメしますが、自分の手でなんとか手早く、あるいは格安で直せる方法を試したいという方は当記事をご参考頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

本当にスティックの不具合なのかを確認する

まずは念のため、本当にスティックの不具合であるのかどうかを確認をしましょう。

実はスティック自体は問題なく、ソフト側の問題の可能性や電池切れ寸前で上手くBluetooth信号が伝わらなかったという場合もありますので。

まずは、Joy-Conを本体にセットして、携帯モードにします。

そして、ホームメニューの歯車アイコンの設定に入ります。

「コントローラーとセンサー」>「スティックの補正」を選び、不具合を起こしていると疑わしいスティックをカチッと押し込みましょう。

画面に出てきた円形の中心にある十字マーク。

これが操作をしていないのに勝手に動いていたり、真ん中以外の所で固定されていたらスティックに不具合が起きている可能性大です。

あるいはスティックを傾けてた後に指を離し、真ん中に十字のマークが戻らなかったり、ふらふらと漂うような動きをしていたら、スティックの不具合の可能性が大ですね。

保障期限を過ぎたジョイコンの修理費は結構高い

不具合が起きた場合、任天堂のサポートセンターへ連絡し、修理して頂くのが確実。

ですが、保証期間を過ぎたジョイコンの場合、有償になる可能性が高いというのがやはり気になりますよね。

任天堂の公式サイトで確認してみると、まずジョイコン自体の修理費が、概算で約2000円強かかります。

出典元:任天堂公式サイト

因みに、保証期間も過ぎた商品の送料に関しては自己負担です。

実際に同じ症状で修理した人の話を聞くと、修理費に送料込々で3000円くらいの負担になるのは覚悟しなければならないようですね。

そんなにするならそれこそ新しいJoy-Conを買った方が良いんじゃないか?と思いますよね。でもJoy-Con(右)を単独で買うと、実はかなり割高なんです。

Amazonでも5000円近い値段!これならLRセットの方を買った方が良いんじゃないか…そんな風に考え出すとどんどん値段が上がっていってしまいます。

このようにジョイコンは保証期間を過ぎた場合、修理するにしてもそれなりに費用が掛かるというという事は事実としてあります。私もそうですが自力でなんとかしたいと考える方も多いのも致し方ありません。

スポンサーリンク

まずは試して欲しい事

任天堂に直してもらうのも高いし、Joy-Conも高くて買う気にならない。

「それなら自分で分解して直そう!」と、意気込む前に先ずは気軽にできて安価、かつリスクの少ない方法をまずは試してみて下さい。

ホームセンターや楽器店などで売られている「接点復活剤」というものがあります。

created by Rinker
KURE(呉工業)
¥619 (2020/05/25 13:10:44時点 Amazon調べ-詳細)

※念のためお使いになる前に注意事項をよく読んで、その接点復活剤がゴムやプラスチック製品に使えるものかご確認されることをオススメします。

これはいわゆる、スイッチやコネクタの様な金属部品のゴミを洗浄するものです。

Joy-Conはホコリが溜まりやすいという話もあり、単純にアナログスティックを検知する金属に小さなゴミが付着しているだけの可能性があります。

ですので、この接点復活剤を使ってホコリを取り除きましょうという事ですね。

では、そのホコリを実際にどうやって取り除くか。その方法は至って簡単です。

ジョイコンのスティックを傾けて、根元にある隙間に向けてシュッと吹きかけるだけ

1度吹き付けたら、スティックを先ほどとは反対方向に倒してもう一回。逆側からシュッ!っと同じことを行います。それが終わったら、スティックをグリグリと回転させましょう。

心情的に何度も吹き付けたくなりますが、あまり吹き付けるとベタベタになるので、多くても二回ほどにしておきます。

最後はスティックの根元に付着した液を拭えば、終わりです。

たったこれだけで直った事例は、私自身の経験だけでなくSNSなどでもよく見かけます。

私は調子が悪くなるたびにこれを使って何度も不具合を解消してます。是非一度はダメもとでも良いので、試してみてはいかがでしょうか。

接点復活剤は他のものでも使えますし、一家に一本置いておいても損はないかと思いますしね。

残念ながらこれで治らなかった場合は、スティック交換もやむを得ません。そちらの方法については次の項目でお話していきましょう。

自力でスティック交換

私の持っているJoy-Conは現在4本あり、全てに不具合が起きました。

上記の接点復活剤で直ったのは、そのうちの2本。残りの2本は再発を繰り返したり、直らなかったという事になります。

結局のところ、その2本はスティックの不調のままで無理矢理使っていたのですが、Twitterのフォロワーの方のとあるツイートによって、自力でスティックを交換できるという事を知りました。

その方のツイートには「右スティックが壊れてたので、キットを取り寄せて自分で修理した」という文言と、修理キットがアップされていたのです。

私は早速その情報を元に調べてみて、出てきたのがコレです。

左スティックの修理キットと書かれていますが、レビューを見ると右スティックでも使えると書かれています。

Amazonプライム会員の場合送料もかかりませんし、任天堂に修理を頼むより安くできますね。

しかも、付属の工具は今後も使えるので、万が一不具合が再び発生した場合でも、スティックの部品だけ取り寄せすればいいというメリットもあります。

私自身、精密機械を自分で触る事になれた人間ではないので、少し気が引ける部分はありました「何事も経験!Joy-Conの構造を知るきっかけにもなる!」と前向きにチャレンジをしてみることにしました。

早速注文から翌日到着!こんなマニアックなものがすぐ届くって本当に便利な時代ですね。

RPGの宝箱やUIが書かれた箱が実にシュール。かいふく力10000というチートなステータスに期待が膨らみます(笑)

箱を開けると出てきたのは工具一式と説明書、アナログスティックのセット。

工具は上からドライバーが二本(Yと+)に先のとがった棒、ピンセットと特段変わったものはありません。これだけ工具が揃っているのなら、結構お値打ちなのではないでしょうか。

マニュアルも一つ一つ分かり易く写真付きで書かれていて、これなら素人の私でも工程が分かりますね!初めて修理をする人も安心です。

では実際に、このマニュアルを見てJoy-Conをどう開けて作業するのか、画像で見て頂きましょう。

とりあえずネジを緩めてパーツを外すだけなので分解はサックリ、スムーズに進みます。

注意点としては、パーツを外す際にバッテリーのコード等を引きちぎらないように気を付ける必要があります。(ある程度丁寧に扱えばそのようなことは起きないと思いますが)

さりげなく磁石でネジがくっつくようになっており、ネジが落ちにくいように工夫されています。

とはいえネジは物凄く小さいので、なくさないように箱の中にしまっておきましょう。

作業自体はこのように物凄くシンプル。唯一苦戦したのは以下の作業です。

スティックと本体を繋げているペラペラの板状の配線(青枠で囲った箇所)。

これをピンセットで引っこ抜くのですが、説明がいまいちわかりにく、どうすればよいのか分かりにくかったのと、更には板がグッと差し込まれていたので苦戦しましたね。

この配線を抜いた後は、新しいアナログスティックに交換して挿し込みなおします。一度行った作業の逆再生みたいなものなので割とスムーズに戻せた印象です。

全体の作業時間としては10分もかからず作業終了といった所でしょうか。慣れれば数分で出来そうなくらい簡単です。

最後は本体に繋いでスティックの動作確認をします。

うん、問題なし。私のJoy-Con(R)はめでたく無事修理が完了!見事復活です!

新しく付け替えたアナログスティックも違和感なく、任天堂純正のものと同じような触り心地や動作感覚で使えてますね。

最初はコントローラーの中を開けて部品を入れ替えるなんて自分にできるのだろうか?と不安に思いましたが、実際にやってみると「こんな簡単なら自分で直そうとする人が多いわけだ」と納得です。

また他のJoy-Conがいつ何時壊れるかわからないことを考えると、自分で直せるようにしておくのも良いのかもしれませんね。

今回購入したキットはこれからも使えますので、もし他のJoy-Conが壊れてもアナログスティックのパーツだけを取り寄せれば済みます。

二個でこの値段…安い!

 

最後に

ここまで不具合の概要や確認、任天堂に依頼した場合の目安の費用、そして2種類の修理方法をご紹介させていただきました。

「保証期間内のものは任天堂に送って修理してもらう」という事をまず前提としてのお話になりますが、そうで場合でない場合に、安価で手っ取り早く治せる一つの選択肢として参考頂ければと思います。

このような不具合はできるだけ起きないことが理想ではありますが、一度自分で経験してみれば今後同様の不具合が出たときも動じることなく、処置ができる事もお分かりいただけるかと思います。

メーカーの任天堂に対してはできるだけこのような不具合が起きない製品改善を望みつつ、こうしてユーザー間で情報を共有することで、できるだけ快適なSwitchライフを楽しんでいただければ幸いです。

最後までご一読いただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク