アナログスティックが壊れたジョイコンは自分で修理できる?!

今回の記事は発売日にNIntendo Switchを買ったときから使用してきたJoy-Con(右)の修理レポートになります。

Joy-Conに不具合が出始めたのは使用し始めてから1年半くらいでしょうか…最初はゼノブレイド2を携帯モードで遊んでいたら右スティックが触ってもいないのに勝手にカメラが動くという現象に気付きました。

ネットで調べると同様の不具合を発生している人も多いみたいで、残念なことにJoy-Conのアナログスティックは今までの任天堂ハードと比べるとかなり脆弱みたいですね…。

スポンサーリンク

日に日に右スティックの誤作動は頻発するようになり、マリオカートのキャラ選択で自分の選びたいキャラを選べないというくらい酷い状況まで進行してきたので任天堂に修理依頼をしようと考えてたのですが、調べると意外と修理費が高い事を知ります。

出典元:任天堂公式サイト

保証期間も過ぎているので送料が自己負担になりますし、実際に同じ症状で修理した人の話を聞くと修理費に送料込々で3000円くらいの負担になるのは覚悟しなければならないようです。

そんなにするならそれこそ新しいJoy-Conを買った方が良いんじゃないか?と思いますよね。

でもJoy-Con(右)を単独で買うとかなり割高なんです。

Amazonでも5000円近い値段で、これならLRセットの方を買った方が良いんじゃないかと…予算がどんどん膨らむ(笑)

そんなことを考えているうちに月日が私の流れ壊れたJoy-Conは放置されていたのですが、ある日TwitterのTLに『右スティックが壊れてたのでキットを取り寄せて直した!』という呟きを発見しまして…自分で修理できるの?と気になったので修理キットを調べてみたんです。

そして出てきたのがコレ。

左スティックの修理キットと書かれていますが、レビューを見ると右スティックでも使えると書かれておりますし、Amazonプライム会員なので送料もかからず修理を頼むより安くできる…

精密機械を自分で触るのは少し気が引けるけど…

何事も経験!Joy-Conの構造を知るきっかけにもなる!と前向きにチャレンジをすることにしました!

早速注文から翌日到着!…こんなマニアックなものがすぐ届くって本当に便利な時代ですね。

RPGの宝箱やUIが書かれた箱がシュールですが、かいふく力10000というチートなステータスに期待が膨らみます(笑)

箱を開けると出てきたのは工具一式と説明書、アナログスティックのセットですね。

工具は上からドライバーが二本(Yと+)に先のとがった棒、ピンセットと特段変わったものはありません。

マニュアルも一つ一つ分かり易く写真付きで書かれていてこれなら素人の私でも工程が分かりますね!

 

スポンサーリンク

 

ではではこのマニュアルを見ながらJoy-Conを開けていきましょう。

とりあえずネジを緩めてパーツを外すだけなのでここまではサックリスムーズに進みます。(パーツを外す際にバッテリーのコード等を引きちぎらないように気を付けなくてはいけないですが)

さりげなく磁石でネジがくっつくようになっているのが好感度高いですね。

ネジは物凄く小さいのでなくさないように箱の中にしまっておきましょう。

作業自体は物凄くシンプルなのですが、唯一苦戦したのは↓の作業です。

スティックと本体を繋げている青で括ったペラペラの板状の配線を引っこ抜くのですが、これの説明がいまいちわかりにくくて苦戦しましたね。

兎に角青い板をつまんで矢印の方向に引っこ抜けばOKです。

そして新しいアナログスティックをこの端子に挿し込みなおせば後は元に戻すだけで全体の作業時間としては10分もかからず簡単に作業終了!

最後は本体に繋いでスティックの動作確認及び補正をします…うん、問題なし。

という事で私のJoy-Con(R)はめでたく無事修理が完了し復活を果たしました!

新しく付け替えたアナログスティックも違和感なく任天堂純正のものと同じような触り心地や動作感覚で使えますね!

今回自分で修理して見て思ったのは、アナログスティックは消耗品ですし、また他のJoy-Conがいつ何時壊れるかわからないことを考えると自分で直せるようにしておくのも良いなという事です。

今回購入したキットはこれからも使えますので、もし他のJoy-Conが壊れてもアナログスティックのパーツだけを取り寄せれば済みます。

二個で600円強…と安い!

小さなネジを外したりコードをちぎらないようにパーツを外したりと作業自体は少し細かいので、こういった作業が苦手な方やまだ小さいお子さんには難しいかもしれませんし、自己責任が伴う作業ですので保証期間内のものは任天堂に送って修理してもらうのが良いですが、保証期間を過ぎたJoy-Conを直す作業としては安価で手っ取り早く治せるというメリットもありますので、アナログスティックが壊れてしまったという方は是非試してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク