SwitchのSDカードを購入する上で失敗しないための4つのポイント

Nintendo Switchも発売してから2年が経ちダウンロードソフトで本体のストレージ(記憶容量)がいっぱいになっているという方も増えてるのではないでしょうか。

私はSwitchの発売当初に200GのSDカードを購入して使っていますが、常時20本以上のソフトを詰め込めるのでかなり重宝していますね。

こうやって並べるだけでも幸せ

最近では値段も下がりかなり購入しやすくなっていますし、そろそろSDカードが欲しいなという方も増えていらっしゃると思いますので…

今回はNintendo Switchで使うSDカード選びで失敗しないポイントを4つと、それらを踏まえた上でお勧めするSDカードのご紹介をしていきます。

スポンサーリンク

 

気を付けて!SDカード詐欺!

SDカードを購入する上で一番気を付けなくてはいけないのは、SDカードの容量を偽ったニセモノを販売する業者です。

「128GのSDカードを買ったつもりが実際は3Gしかなかった」

こんな詐欺行為の被害がフリマなどで広がっています。

こういったものを避けるために良く分からないメーカーのSDカードは避けるというのも一つの基準ではありますが…

中には有名なメーカーの商品を装って騙して売りつける業者もいます!

ですのでSDカードを安いからと言って評判の良く分からない業者や個人から買うのはとてもリスキーであると認識下さい。

個人売買で中古のSDカードを買う場合はウィルス混入の危険性もあるので、私個人としてはオススメしません。

 

タイプを理解して選ぶ

任天堂は公式ホームページにて以下3種類のmicroSDカードを Nintendo Switchで使用できると公表しています。

  • microSDメモリーカード
  • microSDHCメモリーカード
  • microSDXCメモリーカード

SDカードを初めて買うという人にはどれが何なのか良く分かりませんよね(苦笑)

簡単にこれらの違いを言うと記憶容量の大きさにあります。

不等号であらわすとこんな ↓ 感じです。

SDXC > SDHC > SD

このなかで『microSDメモリーカード』と『microSDHCメモリーカード』は容量がSwitchで使うには少ないため正直オススメできません。

例えば『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』や『大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル』は13Gを超えるのですが、上記2つのSDカードの容量は32G以下です。

これらのソフト1、2本入れただけであっという間に容量がパンパンになり、すぐ容量不足に悩まされてしまうわけですね。

従って64G以上の容量に対応している『microSDXCメモリーカード』を購入されることを強くオススメします。

↑ このマークがついているやつですね。

 

容量を理解して選ぶ

SDカードはタイプ以外に64G、128Gなど容量サイズもいくつか段階的に選べるようになっています。

当然サイズが上がれば値段も高くなっていきます。

無駄に大きいのを買っても宝の持ち腐れですし、予算をケチって容量不足を感じて後悔するのも避けたいですよね。

ですので、自分がどんなペースでゲームを買うのか、どんなサイズのゲームを購入することが多いのかをまずは考えてみましょう。

大体『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』のような大作ソフトになると15G近く必要で、『Skyrim』のようなリアル寄りのグラフィックのゲームになると20Gを超えるものが出てきます。

逆にインディーズのような小規模で作られたゲームやドットのゲームなどは数G…ものによっては何百MBと小さめです。

これらの容量はeShopあるいは公式ホームページで記載されていますのでそちらで確認してみてください。

因みに、私は毎週のようにバンバンダウンロード版でゲームを買っていますが、それでも200GBで十分な印象です。

遊ばなくなったゲームをある程度マメに整理すれば実際はもっと少ない128GBでもいけそうですね。

スポンサーリンク

 

速さを理解して選ぶ

SDカードのデータの転送スピードが速いほどゲームのローディングは短くなります。

ゲームの快適性に非常に重要なポイントなのでSDカードのデータ転送の速さについてもしっかり確認しておきましょう。

速さは『CLASS 〇〇(数字)』と表記されますが、『CLASS 2』『CLASS4』…と数字が大きいほど速くなります。

因みにNIntendo Switchのゲームカードのデータ転送速度はかなり速く、『CLASS10』と同等スピードと言われています。

ですので速度は『CLASS10』のものを極力選ぶことをオススメします!

(速度の違いで値段が大きく跳ね上がるというわけでもないですしね。)

 

オススメのSDカード

ここからは私個人がオススメするmicroSDカードをご紹介していきます。

求めるものによってチョイスが変わってきますので、ご自身のご希望に近いものを参考に頂ければ幸いです。

兎に角安心で使いたい

安心感を第一に求めたいという方は至ってシンプル!任天堂の公式品の一択です!

しかしながら、任天堂公式のSDカードって一般のものより値段が高いんですよね…。

↑ こちらは後程紹介するSanDiskの128GBのと同等性能なのですが、値段が大きく跳ね上がります。

言ってしまえばサムスンが作っているmicroSDに任天堂ライセンス料と販売会社ホリの利益分を載せている製品なので、どうしても値段が割高になってしまうんですよね。

とはいえ任天堂公式ライセンスという他のメーカー品にはない揺るぎない安心感というメリットがあるのも事実であり、実際にそれを理由に購入されている方も沢山いらっしゃいます。

ですので公式お墨付きという安心感にお金を多めに払えるかどうかというところが一つ判断の要になると思います。

因みに、公式ライセンス品の価格をもっとお値打ちに買える割引キャンペーンをマイニンテンドーストアでやっているときがあります。

出典元:マイニンテンドーストア

公式ライセンスのSDカードが欲しいという方は是非マイニンテンドーストアのホームページでキャンペーンをご確認の上、ご購入される事をオススメします。

兎に角安く済ませたい!

周辺機器にお金はあまりかけたくない!という方はサムスンの64GBがオススメです。

公式ライセンスという名目なんて要らない!という場合は値段がガッツリ安いこちらの方が魅力的ですね。

64GBというと大作ソフトが3本程度は入りますので、そこまで頻繁にゲームを買い足さない方や並行して遊ぶゲームが2本程度だよという方ならこれで十分でしょう。

容量重視だけどコスパも考えたい!

ゲームを日ごろからよく購入するゲーマー寄りな方でも満足な容量を確保しつつ、コスパに優れたオススメのSDはSanDiskの200GB です。

SanDiskはアメリカのメーカーで世界及び日本のシェアNo.1ということで、メーカーとしての認知度も申し分ありません。

私も実際こちらの旧機種をSwitchに挿しっぱなしで2年間使用していますが、不具合なく使用できています。

いや~しかし…2年前に購入したときは1万円弱だったのですが…今や半額以下ですか…(なんてこった!)

ちょっと200GBは容量デカすぎるよ!という方は128GBもあります。

これなら値段もかなり抑えられますね!

 

最後に

Switchを遊ぶ上ではSDカードは必須ではありませんが、やはり容量を気にせずゲームを購入できるのは嬉しいものです。

パッケージソフトでも中には追加ダウンロードで数GBの追加データをダウンロードしないといけなかったり…

セット売りで1作目だけはゲームカードに入ってるけど、2作目はコードが入っていてダウンロードしないといけないというパターンのソフトもあります。

また、Switchも3年目、4年目となってくると大作ソフトも増えていき、本体の容量が圧迫されやすくなってくることを考えると…

SDカードの値段が一気に下がっている今はかなり買い時かもしれません。

皆さんは私みたいに倍の値段で買ってしまった!という様にならないように(笑)是非当記事をご参考いただければ幸いです。

 

スポンサーリンク