マリカだけじゃない!2019年激化するSwitchの熱いレースゲーム達!

レースゲームといえば『マリオカート8DX』の存在が際立ってる Nintendo Switch ですが実は2019年にかけて魅力的なタイトルがラインナップされているのは皆さんご存知でしょうか。

リアルなカーシミュレーター寄りのものや仲間と協力して共に戦う協力対戦などマリカとはまた趣の異なる、様々なSwitchのレースゲームのタイトルを今日はご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

Xenon Racer(キセノン・レーサー)

2030年の近未来を舞台にしたレースゲームで、ブーストギミックの仕込まれた最新技術の電気自動車に乗って東京やドバイ、中国などの都市を競争するというテーマの作品です。

フォトリアルな画面にドリフトで激しくぶつかり合うゲームデザインは『リッジレーサー』を彷彿させますが、現代のものとはまた少し違った派手なフォルムの車やブースト時に変形を見せるギミックなど男心を鷲掴みにする要素が満載でワクワクしますね。

グラフィックも非常にリアルで臨場感を感じさせます。

まだ細かいモードなど詳細については不明ですが発売は北米で2019年4月26日となっており、是非とも日本版の発表についても期待したい作品ですね。

▽参考動画

 

ソニックチームレーシング

日本が世界に誇るゲームキャラクターの一人(一匹?)であるソニック・ヘッジホッグが登場するレースゲーム『ソニックチームレーシング』はマリオカート並み…いや、寧ろそれ以上にユニークなレースゲームです。

というのはこのゲームは他の人とチームを組んで対戦する協力型ゲームで、最大3人の仲間とアイテムを渡し合ったり、仲間の後ろを走りブーストする等他のレースゲームにはない斬新なアイデアがふんだんに取り込まれています。

チーム戦なので1位にゴールした人が優勝ではなく、チーム全体の合計で順位を競うという事で最後までどのチームが優勝するのかわからないワクワク感もかなり楽しめそうですね。

また、キャラクターによってスピード/パワー/テクニックのようなタイプが存在し、どのようなメンバーでチームを組むのか戦略性も楽しめそうです。

初出展されたE3(米国)や東京ゲームショウでの試遊によるプレイも評判が良く、管理人も今回ご紹介しているゲームの中で一番期待している作品です。

発売は2019年という事で当記事投稿時にはまだはっきりとしていませんが、一応購入予定をしているタイトルなのでまたプレイ後レビュー記事などで改めて詳しくご紹介していきたいと思います。

▽参考動画

スポンサーリンク

 

GRID Autosport(グリッド・オートスポルト)

スポーツレースゲームの老舗Codemastersが開発するGRIDシリーズの最新作『GRID Autosprt』は実在する車種(BMVや日産等)を扱ったカーシミュレーター寄りの作品で、”モータースポーツのすべてをつぎ込む”というコンセプトの元に盛りだくさんの要素が詰め込まれています。

市販車によるレースだけでなくフォーミュラーマシンなどに乗って遊べるモードは豊富で、レースやタイムアタック、耐久レース等基本的なもののほかに『パーティーモード』と呼ばれるユニークなものも用意されております。

パーティーモードは今流行りのバトルロワイヤルゲームではないですが、最後尾の車から徐々に離脱していくルールのものや、車をぶつけあう何とも乱暴なルールなどリアル系のレースゲームには珍しい遊びになっていて他のモードよりもよりゲームらしい遊びが体験できます。

また、一人用モードとして用意された『キャリア』ではスポンサー契約をして、様々なレースイベントへの参加やミッションをこなしチャンピオンシップの頂点を目指します。

このモードでは自分一人の成績だけでなくチームでの勝利も重要視されていて、仲間に指示を送り敵チームのペースを乱させるなどAIを使ったチームプレイにも拘っていますね。

グラフィックの美しさもそうですが、様々なレースゲームの醍醐味を味わえる本作はSwitchにおけるカーシミュレーター系作品では最高峰の作品になりそうです。

▽参考動画

 

スポンサーリンク

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください