価格破壊級のコスパ!『ハコボーイ!&ハコガール!』レビュー

本日は、NIntendo Switchソフト『ハコボーイ!&ハコガール!』のレビュー・感想を述べていきます。

『ハコボーイシリーズ』は本作で4作目となりますが、ハコ(箱)を使ってステージのゴールを目指すシンプルなパズルアクションの部分はそのままに…

2人協力プレイや新しいギミックなどの追加によって更なる進化をした作品になっています。

しかも、収録されているステージ数は270というシリーズ最多になります。

正直言って「1200円とは思えない、破格にコスパの優れたパズルゲーム!」という印象がとても強いですね。

ただ、ゲームの内容自体がとてもシンプルかつ地味なので、なかなかこのゲームの良さを伝えるのは難しいのですが…できるだけ皆さまに作品の内容や魅力が伝わるよう、しっかり説明していきたいと思います。

基本情報機種:Switch
価格:1,200円
メーカー:任天堂
ジャンル:パズルアクション
プレイ人数:1~2人
オンライン:なし
暴力表現:なし
スポンサーリンク

 

クリアは簡単だがやり込みには頭を相当使う

本作は横スクロール1のパズルアクションゲームですが、アクションとしての難易度はかなり低く作られています。

割合で言えばパズル要素が9割で、アクション要素が残りの1割くらいでしょうか。

ゲームテクニックよりも圧倒的にパズルを解く知恵の方が大事なゲーム…とご理解いただいて差し支えないと思います。

そして、パズルを解くキーとなるのは、操作キャラクターであるキュービィが作り出すハコ(箱)です。

踏ん張ってハコを作り出すキュービィ

このハコの利用方法は主に足場として使うことが多いのですが…

時には盾の様に使ったり、フックの様にジャンプで引っ掛けたり応用パターンは様々です。

ただ、このハコの個数はステージごとに一度に出せる数が決まっている、というのがひとつポイントですね。

そして当然ステージデザインも、「その個数内でどうやって進めるのか」というのを考えさせるように、巧妙に作られています。

折角なので、ここで試しにどんなものか例題見てみましょう。

【例題】ハコを4個使ってA地点に進みなさい。

【答え】

こんな感じのパズルを繰り返しながら、ステージ端のゴールを目指していきます。

いわゆる空間認識能力2というものが問われるゲームですね。

難易度についてはプレイヤーがどれだけパズルが得意かで、印象がかなり変わると思いますが…

『ピクロス』など他のパズルゲームを中盤辺りで毎回投げ出すような、チンパン脳な私ですらクリアだけなら余裕な感じでしたね。

行き詰ってもほぼ答えに近いヒントをいつでも見れますので、難しくて挫折してしまうという事はまずないでしょう。

こういった所から非常に敷居が低く作られているパズルゲームなのは間違いないのですが、やり込み要素に手を出しはじめると話は変わります。

クリア自体はさほど難しくないのに、やり込みだすと途端に手強くなってくる…これは任天堂のゲームによくあるパターンです(笑)

因みに、やり込み要素に具体的にどんなものがあるのかと言いますと、ステージ中にある王冠を集めたり、ハコの使用合計数を既定の数以内に収めるという2つのミッションがあります。

王冠を集めなくてもクリアはできる。

私も最初の内はこれらを満たしつつゴールを目指していたのですが、途中から相当なひらめきが求められるようになり、頭から湯気が吹き出しそうになりましたね。

結局、他にもいろんなゲームを抱え込んでいるので、途中でコンプリートは諦めてクリアを優先しましたが(苦笑)

パズルをこまめにやり込めるような人は、長く楽しめるゲームになると思いますね。

スポンサーリンク

 

どちらかというと日々コツコツと遊ぶ人向け

ゲームの最初の方はキュービィができる事が少ないですしパズルもかなり簡単なので、パズルゲームに慣れている人は少し退屈にも感じるかもしれません。

それが、だんだんステージを積み重ねていく内に、新しいアクションが増えて行ってやり応えが出て来るという感じですね。

ステージギミックも、無重力空間やスイッチを押してゲートを開けるギミックなど、バリエーションは豊富なのでプレイをしていてマンネリ化してくる印象はありません。

寧ろ、できる事やギミックが凝ってくる後半になるにつれて、どんどんやりがいが出て来るイメージですね。

更には1人用のステージをクリアすると、シリーズ初登場の縦長のキューディで遊べるモードが解放されます。

長さの違う縦横の向きを考えるという新しい概念は、地味ですが正方形のキュービィとは一味違った良いスパイスになっています。

このように本作には段階的に要素を増やしていく事で、少しずつ面白みをジワジワと増していくような印象がありますね。

ですので、どちらかと言うと短期集中でガッツリ駆け抜けるように遊ぶよりも、日々の日課として遊ぶ方が向いているゲームなのかもしれません。

仕事や学校で疲れて帰ってきた時や、家事を片付けて一息つきたいとき…そんな時は程よく頭を使ってサクッと遊べるハコボーイという感じで。

今回新しく加わった要素に、キュービィたちの着せ替え要素があるのですが、それも日々コツコツ遊ぶ人がちょっとした変化を付けるために用意したものかもしれません。

コスチューム類はゲーム内で貯まるポイントを使ってガチャを引いてゲットする。

能力値とは関係ない見た目を変えて気分転換するためのカスタマイズというのは、長期的に遊ぶオンライン対戦ゲーム等では良く採用されてますからね。

冒頭で少し触れましたが、ステージ数も270と膨大ですし、脳トレ感覚で毎日頭を使う遊びをしたい人にはうってつけでしょう。

 

シンプルさが2人プレイにマッチしている

本作から追加された大きな新要素である二人協力プレイについても、お話していきたいと思います。

二人協力プレイでは専用に用意されたステージを、上手く協力し合って二人で一緒にゴールするというルールになっています。

パズルアクションで二人で遊ぶゲームというと、同じくSwitchに出た『いっしょにチョキッとスニッパーズ』を思い出しますが、スニッパーズに比べると本作はより二人協力プレイが遊びやすい印象がありますね。

『スニッパーズ』というゲームはキャラクターの身体を切り合って、できた形を使ってパズルを解くっていうなかなか面白いゲームなんですけど…

自由度が高いのが災いして同じくらいの知能レベル人同士じゃないと、片方がイライラしたり喧嘩になりやすい所があったんです。

しかし、本作はハコをどうやって伸ばすか、伸ばしてどう使うか、というシンプルなことしかできないわけですから、意思の疎通が物凄くシンプルでやりやすいんですね。

「答えが分かる人が、分からない人に教えやすい」

協力プレイというのは、意思疎通がかみ合わないときは物凄くストレスになるので、意思疎通のやりやすさというのも非常に重要なんだなという事がスニッパーズと本作を経て実感することができましたね。

因みに、この二人用のモードは一人でも遊べるようになっています。

ワンボタンで切り替えながら遊べるので、一緒に遊ぶ人がいないという環境でも問題なく楽しめるというのは良いですね。

 

まとめ

プレイヤーに対して徐々に選択肢を増やしていく誘導の上手さや、巧みなパズルが組み込まれたステージデザインは非常に任天堂のゲームらしく、良くできています。

膨大なステージ数に加えて2人協力プレイも付いていますし、これで定価1200円は滅茶苦茶安いです。

任天堂はパズルアクションというジャンルにに対して、価格破壊をしに来た感が否めませんね(笑)

2人協力プレイもシンプルなゲームデザインのお陰で意思疎通も取りやすく、友達同士、親子や夫婦等いろんな人と楽しめるようなゲームになっています。

ただ、全体的に見た目も内容も地味でアクション性も低いので、短期集中型で楽しく遊びたいという人には少し不向きなのかもしれません。

どちらかと言うと、コツコツステージを進めながら、コスチュームをゲットするのを日々の日課として生活の合間に楽しめる…そんな人にオススメしたいパズルゲームですね。

 

スポンサーリンク