SwitchがVRゴーグルに変身!『Nintendo Labo VR Kit』発表で気になる二つの事

本日任天堂よりNinendo Switch専用ソフト『Nintendo Labo VR Kit 』(ニンテンドーラボVRキット)の電撃発表がありました。

色々と任天堂とVRにまつわる噂は以前からありましたが、任天堂が実際にVRを商品化するなんて想像していた人は少なかったでしょうし、多くの方が今回の発表でビックリしたのではないかと思います。

また、これまでにネットで「任天堂はVRに否定的」なんていう話題が流れていたりしましたし、それと矛盾してないか?という疑問を持った方や…

子供の視力に悪影響について聞いて「VRって大丈夫なの?」と心配される方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はこのVRにまつわる二つの気になる疑問について考察をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

任天堂はVR否定派で無かったのか?

以前に任天堂がSwitchをゴーグルに嵌めてVRを遊ぶ特許を取っている…ということが一時話題になったのですが…

申請されている特許の図

任天堂の宮本茂代表取締役フェロー(マリオやゼルダを作ったレジェンド)がインタビューでVRに対する懸念を口にしていたこともあって…

「あくまで特許を取っただけで、任天堂はVRを商品化するのはまだずっと先の話だろう」と言われていたんですよね。

任天堂の最も有名なフランチャイズを生み出してきた宮本氏だが、それでもVRに関しては懸念が残っているという。「VRをプレイしている人を見ると、心配になります。例えば、親は子供がVRをプレイしている姿を見たら、おそらく心配になると思いますが、それと同じように」と宮本氏は説明している。

出典元:IGN Japan

また、この記事をソースにして「任天堂が(SONYのPSVRなどの)VRを否定した!」といったような過激な内容でまとめた記事を”まとめサイト”が拡散したこともあり…

「任天堂はVRに対してかなり否定的である」というイメージを持った人たちも沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

確かに宮本氏が言っていることは他の会社が出しているVR機器の課題点であることも事実なのですが、決して他社批判的な目線でVRについて見ているわけではないことが記事の続きを読むことで分かります。

また、宮本氏はVRを開発する際の「問題とチャレンジ」として、「いかにして短く、しかし完全に作り込まれた体験を作るのか」という点を挙げている。
一方、任天堂の君島社長は日経の取材に対し、「(VRは)専用端末の映像で酔ってしまうという課題もある。こうした課題を解決できた時点でなんらかの対応をしたい」と話している。

出典元:IGN Japan

むしろ現状の課題を解決できれば対応するとはっきり明言しており、「他社のVRはダメだ」とか「うちはやらない」なんていうことは全く口にしていないんですよね。

ですのでもしご覧いただいている方の中で「任天堂がVRに対して否定的スタンスだ」と思われている方がいらしたら、それは大きな誤解です。

そもそも任天堂は昔『ヴァーチャルボーイ』という家庭用VRゲーム機のさきがけの様なものを出して真っ先に大失敗してる会社です!

もはや伝説となった黒歴史!

どうですか?このぶっとんだプレイスタイル!

他社のVRがどうというか任天堂自身が過去に絶対言われてますよね…

「何このおかしなゲーム機!子供にやらせたくない!」って(笑)

こういった経験から任天堂は容易にVRの商品化に手を出しづらい背景があって、VRに対しても慎重な姿勢になりながらも強かにVRの研究開発を続けていたということなんですね。

スポンサーリンク

 

視力への影響は?

VR機材を所有している人ならご存知だと思いますが、VRには一つ大きな問題があります。

それは酔いなどプレイヤーの遊び心地もそうですが、それ以上に大きな問題なのは視力に対する様々な懸念材料です。

分かり易いところで言うと斜視になったり、近眼になったりですね。

酔いは時間が経てば治りますが、

これらを直すのには…手術ですかね…あぁ…大事だ(怖)

メガネが手放せない眼に?

VRというのは要するに目の前に液晶モニターを置いてそれをレンズで拡大して見るわけですから、どう考えても目に優しいものではありません。

実際にOculusを使った後に「あ~これ、目がめっちゃ疲れる!」っていう印象を私も持っています。

こんなので長時間ゲームやったらどうなるんだろう?と不安を感じる人も多いはずです。

特に幼少期は目の細胞が形成される大事な時期であり、そういった発育に対する悪影響のリスクも大きいと言われていますね。

そして実際にOculusやSONYなど大手のVRメーカーのVR製品はどれも12歳以下(あるいは未満)の仕様を禁止しています。

各家庭で「VRは目が悪くなるからまだ駄目だよ」って子供に言い聞かせる必要性があるわけですね。

VR Kitの年齢制限

では今回の『VR Kit』の年齢制限はどうなのかというと 7歳以上を対象 にしています。

公式ホームページには以下の通り専門家と相談した上で設定している旨が記載されています。

小さなお子様の視覚の発達に与える3D映像の影響について、眼科学・視覚研究の専門家に監修いただいたうえで、VRモードの対象年齢を設定しています。

引用元:任天堂公式ホームページ

しかし、専門家と相談したと言っても…

他のメーカーは13歳なのになぜなのか?

任天堂は7歳以上にしてるけど本当に大丈夫なの?

そんな疑問が生じますよね。

それに対して少し私の推測込みでのお話をさせていただきますが…

恐らく、そこにはプレイスタイルとプレイ時間が大きく関係しているのではないかという事です。

長時間プレイしないVR?

『VR Kit』ってPSVRやOculusのような頭に固定するヘッドマウント式と違って、どの形も手で持つようになっているんですよね。

出典元:任天堂公式サイト

さらに宮本氏も前述したインタビューで「できるだけ短時間で遊べるものにする必要性」を語っていることから推測されるのは…

数分、あるいは数秒間覗いては顔から外すようなごく短いミニゲーム的なものを遊ぶVRになっている可能性がかなり高いのではないでしょうか。

それであれば目に与える影響も大きく軽減できそうな気がしますよね。

そして、これに少し絡みそうな話で…

バンダイナムコが運営しているVRのアミューズメント施設『VR ZONE SHINJUKU』が

対象年齢を13歳以上対象にしていたのを7歳以上に引き上げた

というニュースがあります。

対象年齢の理由は明確で、ロケーションベースVR協会という協会のガイドラインが13歳から7歳に変わったからという事です。

ロケーションベースVRとは何ぞやという感じですが、要するにアーケードなど設置型のVRですね。

面白いことにそういったロケーションベースVRって13歳以上対象であるはずのOculus RiftやHTC VIVEを使っているんです(笑)

出典元:Mogulive

Oculus Rift(VR商品名)を個人販売するときはあくまで13歳以上!と言っている一方で、そういった商業施設では7歳以上!と制限を緩めて使われているんですよね。

そう考えると『VR Kit』もVRを短い時間で遊ぶものとして作られているのなら、アーケードに置いているOculus Rift達とやっていることは理屈は同じで、7歳以上であることも辻褄があう事になります。

とはいえ、VRと目の発育の関係はまだまだ未解明の部分が多くようで、はっきりとした指標がなく私たち消費者にとって判断が難しいものです。

これだという明確なものが出て来るまではプレイ時間をある程度私たち自身でコントロールしてリスクを減らしていくという事も必要かもしれませんね。

 

最後に

私もOculusでVRを体験したことがありますが、3D空間に自分が入ったかのような没入感に「やべ~!新時代が来た~!」と強く感動した記憶があります。

その一方で目の疲れや酔い…あるいは傍から見てどう見えるのか気になる(笑)といった課題も沢山あって、家庭で遊ぶゲームのスタンダードになるにはまだまだ遠い存在であることも痛感しましたね。

そういった課題を任天堂自身が今回『Nintendo Labo VR Kit』でどのように対応してくるのかは非常に興味深いものがあります。

とはいえこれまでの『Nintendo Labo』自体がやや肩透かしだったところもありますので、過度な期待はしないようにしますが(苦笑)

でももし、マリオカートに『Drive Kit』などToy-Conを対応させてきたように…

マリオカートが自宅でVRで遊べるのなら…

マリカの世界をVRで爆走したい!

迷わず飛びついてしまうでしょうね!

あ~ホントチョロい奴(笑)

 

スポンサーリンク