生きとったんかいワレ!『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』は意外とイイゾ!

2019年3月20日発売のNintendo Switch/Playstation4向けソフト『チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!』がなかなか面白そうなので、どんなゲームか情報をまとめてみました。

チョコダンシリーズは本当に久しぶりで、Nintendo Directで初報を見たときは「めっちゃ懐かしいゲーム引っ張り出してきたね!」と驚いたのを覚えていますね。

本作は過去作のリマスター+αという事で、残念ながら完全新作ではないのですが…

新要素など色々追加されて非常に興味深い作品になっていますので、今回どんなゲームに仕上がっているのかご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

リメイク元になった時忘れの迷宮

本作はシリーズ3作目にあたる『シドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮』をベースにしています。

ローグライクと言えば毎回形の変わるダンジョンをどんどん潜っていくゲームですが…

「倒されれば全部一からやり直し!」だったり

「いかにしてリソースを管理して生き延びるか」など

ストイックでどちらかというと、マゾゲーマー向けなジャンルという傾向があります。

▲ゲーマーの挑戦心を擽るマゾいゲーム達が集まる「ローグライク」

しかし、チョコダン時忘れの迷宮はそういったローグライクのストイックなイメージを緩和するために…

・RPGのようにシナリオに力を入れている

・倒れてもレベルが下がらない

・チュートリアルも非常に丁寧

・ジョブによって攻略の幅を持たせている

…といったような工夫を施して、ローグライクが苦手な人にも親しみやすく作られている作品として評価されています。

言うならば「低難易度ローグライクの決定版」というやつですね!

因みに、時忘れの迷宮は2機種のハードで発売されていて…

まず、最初にWii版が発売されています。

Wiiのユーザーはキッズ・ファミリーが中心であったところから、シリーズの中でも特に初心者向けにチューニングされている作品で…

Wiiリモコン活かしたミニゲームや『ポップアップデュエル』と呼ばれるカードゲームなどダンジョン以外の遊びも充実しています。

ただ、バランスブレイカーのジョブがあったり、流石に簡単すぎるので「もうちょっと難しくしていいのよ」という声が多かったのか…

移植されたDS版では難易度バランスが向上されています。

出典:スクウェア・エニックス公式より

DS版は「これでも物足りない!」という人のためにハードモードが用意されていたりして、よりゲーマーが満足する作品に仕上げていますので…

今掘り返して遊ぶならWii版よりもDS版なのですが…

いかんせん中古でも結構な良い値段がするんですよね(苦笑)

そういう意味では、今回Switch/PS4という現役のゲーム機で『時忘れの迷宮』を新たに復活させるというだけでも価値がありますね。

スポンサーリンク

 

エブリバディ!でここが変わった!

本作は『時忘れの迷宮』をくっきりはっきりのFHD画質にリマスターしたのは勿論ですが…

ゲームの中身も色々と弄られており…リマスターとリメイクの中間の様な作品になっています。

ここでは追加された要素、削除された要素など気になる部分をご紹介していきましょう。

特に削除された要素は公式ホームページにも載っておらず、公式配信などで紹介されてるだけなので…

Wii/DSの『時忘れの迷宮』をプレイされている方は要チェックです!

 

▼新しいジョブの追加

チョコボが転職できるジョブに『アルファ』『魔獣使い』『機工士』が新たに加わりました。本作ではジョブごと固有のアビリティを持っていて、ジョブごとに立ち回りは変わってきます。ジョブが系14種類になったことで遊びの幅がさらに広がりますね。


▼バディシステムの追加

100種類以上のモンスターやボスだけではなく、シリーズ作品のキャラクターをダンジョンに同行させられるようになっています。CPUキャラが同行するだけでもかなりゲーム性が変わりますが、他のプレイヤーも一緒に遊べるようになったのは大きいですね!


▼ダンジョンの追加

特殊な条件での攻略を求められるダンジョンや『底なしの欲望』と呼ばれる無限ダンジョン⁈が追加され、更にゲームのボリュームが増大していますね。


▼属性の追加

風属性と闇属性が追加されたました。『FFシリーズ』と同じ属性の相関関係になったので攻略のイメージがしやすくなりましたね。


▼ミニゲームの削除

カードゲームの『ポップアップデュエル』等ミニゲーム関係が一通り削除されているようです。開発者曰く、ダンジョン攻略に注力した作品にするために敢えて削除をしたそうですが…調整の手間を考えて省いたのが本音の様な気がしますね(苦笑)


▼シドベンチャーの削除

倒れたらレベル1からやり直しの高難易度モード『シドベンチャー』は削除となりました。通常モードのチョコボとアイテム管理が別々でややこしくなるため、『シドベンチャー』を削除して新しい高難易度ダンジョンを設けるという意図があるようです。


この他にも過去作のボスキャラクターと戦えたり、細かな仕様変更などが多岐にわたり相当なゲームへのテコ入れがされていますね。

残念ながらミニゲームなどいくつか削除されてしまった要素がありますが、それ以上にゲームの骨子に関わるもので追加された内容が多いですし…

よりダンジョン攻略にフォーカスした作品になったと考えると、純粋なローグライクRPGを遊びたい人向けに生まれ変わったとも言えますね!

 

適度に緩いローグライクをしたい

Switchでは既にローグライクの沢山のダウンロードタイトルが出ていますが…

正直言って…どれも手強いです!

私も色んな作品を遊んでいますが、どれ一つ緩い難易度のものはなかったですね(苦笑)

倒れたら1からやり直し!

1手間違えたら取り返しがつかなくなる!

こういうのもローグライクのスリルというか…面白さなので決して否定はしないのですが…

たまにはもうちょっと楽なローグやりたいよねっていう思いもあります(笑)

その点本作はマッチョなハードコアなローグライク系達とは違って…

キャラクターをこつこつ育てて攻略するRPGに近いシリーズ作品なので、私の様な高難易度ローグライク疲れをしている人に丁度マッチしてますね。

チョコダンシリーズはローグライクの入門にももってこいですし、ご興味ある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

因みに私も本作は購入予定で発売後レビュー・感想記事を掲載予定していますので、そちらも是非ご参考いただければと思います。

 

スポンサーリンク