凄い…親父が熱中するわけだ!2019年を皮切りにSwitchにロボットゲームが大集合!

ここ数年ロボットを題材に扱ったゲームってめっきり減りましたね。

『アーマードコア』や『カスタムロボ』、『フロントミッション』等シリーズで出ていたゲームも音沙汰無くなり今はもう随分過去の話のようです。(遠い目)

しかしNintendo Switchにはこれからロボットゲームを題材にしたゲームが名を連ねており、密かにロボゲーハードへの道を歩み始めているのは皆さんご存知でしょうか?

今回は2019年以降に発売される予定の熱きSwitchのロボゲーの期待作をいくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

スーパーロボット大戦T

ロボットものの定番と言えばこれが外せません!夢のオールスターシミュレーションゲーム『スーパーロボット大戦T』の最新作が2019年にSwitchに登場します!

今までスパロボは家庭用ゲーム機に3つの開発会社で住み分けして制作されておりました。

▼任天堂ハード向け:エーアイ
原作設定を上手くクロスオーバーさせたストーリー構成に定評のある作品が多い。参戦作品がSDガンダムやゾイドなど変わり種なものであったり少しマニアックな攻めたラインナップの傾向。


▼PSハード向け:バンプレスト
人気作や話題作を中心に集めたフラグシップ的なスパロボを製作。PSハードの高画質を生かした芸術的アニメーションに定評あり。エーアイと比べるとクロスオーバーよりも原作再現の傾向が強い。


▼OGシリーズ※:トーセ
スパロボの歴代シリーズに登場するオリジナルキャラ・ロボットで構成された『オリジナルジェネレーション』と呼ばれるシリーズを開発。

 

それが今回PSハード向けにスパロボを作っていたバンプレストがSwitchとPS4のマルチでスパロボTを開発するという一つの転換期を迎えることになりました。

任天堂ハードとしてはバンプレストスタジオのスパロボが出るのは初めてですね!

開発がバンプレストという事で王道の参戦タイトルが中心に据えていますが、下のリストの赤枠で囲った参戦作品辺りが今回の注目でしょうか。

『カウボーイビバップ』、『わが青春のアルカディア』…渋い!というかロボットものじゃない!(笑)

『楽園追放』は比較的この中では新しい方の作品ですが、『ゼノブレイド2』のメインキャラクターのデザインを務めている斎藤氏がキャラデザインをしている作品という意味でも注目です。

あと何と言っても今回大きく話題になったのは魔法騎士レイアースでしょう。

少女漫画のロボットという異色の参戦にスパロボファンもレイアースファンも度肝を抜いた発表で発表時SNSでも驚きの声で溢れかえりましたね。

こうして見ると今回のスパロボはガンダムの宇宙世紀シリーズやゲッターロボ、マジンガーという御三家をきっちり抑えて王道を守りつつ、一方でカーボーイビバップやレイアース等攻めた参戦作品も取り入れている印象ですね。

言うならばバンプレストの王道とエーアイの変化球を混ぜたような…。

ゲームもそれぞれの良いとこ取りみたいになっていたら最高なのですが、これからの続報に期待したいですね!

 

因みにこれまで任天堂ハードでスパロボを作っていたエーアイはフルメタルパニックのゲームを開発しております。(今年発売済)

 

Synaptic Drive(シナプティックドライブ)

こちらはかつて任天堂と共に『カスタムロボシリーズ』を開発した見城こうじ氏とサウザンドゲームズが開発している対戦型ロボットアクションゲームです。

見た目こそ厳ついメカメカしいデザインをしていますが、開発している人たちが同じなだけあって内容はカスタムロボの精神的続編と言えるような内容になっています。

ロボットのパーツを自分の好きなもので組み合わせ、小さな箱の中で戦うゲームの基本はそのまんまカスタムロボですね!

見城氏曰くパーツを100種類以上用意してカスタマイズ性のあるゲームを目指すとともにオンライン対戦でeSports的に遊んでもらえるような戦略性、競技性のあるゲームを目指して鋭意開発中!とのことで期待が高まりますね。

今年のE3 2018にも出展されたときにパブリッシャー(販売元)を募集しているとのことでしたが、映像を見る限りゲームのベースは既にできている感じでしたので2019年の発売もあるかも?しれません。

スポンサーリンク

 

デモンエクスマキナ

このゲームは私が2019年Switchで期待しているゲームのベスト3に入る作品です。

『デモンエクスマキナ』はかつてフロムソフトウェアのカルト的人気を誇る『アーマードコア』を開発したスタッフが携わっているロボットアクションゲームで、見るからにアーマードコアの系譜を感じさせるようなカッコいいメカデザインもそうですが、トゥーン調の映像が非常に強烈なインパクトを感じさせますね。

アーマードコアといえばかなりコアなゲーマー向けのシリーズとしても有名で私も2,3作ほど遊んだことがありますが、操作性がかなり複雑でややこしく難しい印象があります。

しかしこのDXMのプロデューサーである佃氏はアーマードコアシリーズの中でもカジュアル路線で作っていた人なので、コアなゲーマー以外にも遊べる内容に仕上げてくるのではないかなと期待しています。

ゲームスピードやロックオンの仕様など、これまでE3やGamescom等での試遊を見た限りではありますが、アーマードコアよりもカジュアルに遊べるようなゲームを目指して作られているように見受けられますしね。

また、Switch独占タイトルという事で携帯モードで持ち寄って4人で協力プレイができるなどSwitchの独自の機能に合わせて作られた作品になっていますので、是非とも良い作品に仕上げて欲しいなと願うばかりですね。

こちらの作品については以前単独でより詳しい内容を記事にしていますので、ご興味ある方は是非そちらもご覧ください。

▼関連記事

カッコよすぎるロボアクション『DAEMON X MACHINA』 Gamescom2018までに明らかになった内容をご紹介!

 

スポンサーリンク

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください