クリエーターズプログラムの終了!任天堂のゲーム動画配信のこれからはどうなる?!

本日任天堂より『Nintendo Creators Program(ニンテンドークリエーターズプログラム)』のサービスの終了の告知と今後の任天堂が所有するゲームに対する動画配信の取り扱いについてのガイドラインが発表されました。

リンク:Nintendo Creators Programのサービス終了と新ガイドライン公開のお知らせ

今回はこのニュースの詳しい概要の説明と今後Youtubeなどの動画配信にどのような影響があるのかについてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ニンテンドークリエーターズプログラムとは?

これまでYoutube等で任天堂のゲームを使った動画を配信する場合、ニンテンドークリエーターズプログラム(以下略:NCP)というサービスに申請をおこない、任天堂に作成した動画の審査及び認可を受けなくてはなりませんでした。

NCPでの認可を受けずに勝手に動画を乗せた結果、著作権の侵害を理由にアカウントの停止や動画配信停止の措置をされた実例もありますので、大手を振るって動画配信者が任天堂のゲームを配信するにはNCPへの申請が必要だったわけです。

NCPの認可が下りれば任天堂公認の動画として堂々と配信できますし、その動画による広告収入を得ることが可能になります。

ただし、広告収益を得た場合その半分を任天堂の取り分として自動的に差し引かれ残り半分を動画配信者が得るという事になります。

 

ニンテンドークリエーターズプログラムがなくなったことでどう変わるの?

簡単に言ってしまうと、誰でも自由にマリオやゼルダなど任天堂が著作権として所有しているゲームの動画配信ができるようになりました。

動画配信によって得た広告収入も任天堂に取り分を持っていかれることはなく、配信者に全て収入として入っていきます。

因みに、これはあくまで”任天堂のゲーム”に限っての話ですので、ドラクエやモンハンなどソフトメーカーのゲームの動画配信についてはそれぞれのメーカーの規定に従う必要があります。

 

これは著作権の完全な自由化なのか?

これは著作権の自由化でもなく、なんでも好き勝手に動画を配信してもいい話ではありません。

任天堂は今後任天堂のゲームを動画配信で取り扱うにあたって幾つか守るべき条件をガイドラインとしてサイト上(英文)で提示しています。

この条件を守る分には自由にやっても問題ありませんが、守らない動画配信に関しては違法なものとして動画配信やアカウントの停止がされても文句が言えないという事ですね。

 

具体的にどういうことを守ればいいの?

動画配信者が今後任天堂のゲームを使って動画配信する上で守らなくてはならない条件で特に注意すべき点をピックアップしていきます。

・指定の動画配信サイトでの配信に限る。
→Youtube、ニコニコ、Facebook、OPENREC、Twitch、Twitterなら配信OK。

・動画の内容に創造性があり作品として成立していること。配信者のオリジナリティのないものはNG
→実況や解説を付けたり、編集をするなど手を加えなくてはならない。他者が作った動画をコピー(転載)しただけのものや、任天堂が作ったPVやゲーム中のムービーやサウンドトラックを集めて流すだけの創造性のない動画配信はNG。

・違法なものや公共良俗に反する内容に抵触しないこと。
→違法コピーや改造ゲーム、チートを使っての配信や任天堂に無許可で作った〇〇マリオのようなゲームを使って配信するのはNG。例えばありもしないバグをねつ造したり意図的に不具合を引き起こす等で任天堂の商品の安定性や品質を損ねるような内容を配信するのもNG。

・あくまで個人での配信に限る。
→企業が任天堂のゲームを使って動画配信するには別で許諾を受ける必要がある。

スポンサーリンク

 

任天堂のゲームの動画配信はこれからどうなる?

今回NCPが廃止され申請の手間や広告収入を任天堂に半分持っていかれることがなくなったことにより、任天堂のゲームを使って動画を配信しようという人は間違いなく増えていくと思います。

有名実況者の中にも「任天堂のゲーム実況のニーズはあるけれど、任天堂に収益をがっつり持っていかれるのであまりやりたくない」と発言している人もいますので、そういった人たちが任天堂のゲームを取り扱い始める追い風になることは間違いないでしょう。

しかし、一方で動画のコピーやサウンドトラックを流す等手間をかけず任天堂(または別の配信者)の作った動画やPV垂れ流しにしているような動画配信は減っていく可能性が高いです。

そういった動画はそもそもこれまでも任天堂のNCPを通していないものでグレー…というか違法に近いものでしたし、今後動画視聴者側の通報などによる対応措置によって見られなくなる可能性は十分考えられますね。

 

■ まとめ

・NCPの終了により任天堂のゲームの動画配信がしやすくなった
・創作性のあるゲーム動画配信者は今後増えていく可能性大
・ただし創作性のないものはNG等条件も今回はっきりと提示された
・転載動画やムービーの詰め合わせ動画は減少していく可能性大

 

 

スポンサーリンク

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください