尖っているけど面白い!SwitchのオススメRPGタイトル達!

段々と肌寒くなり、部屋の中で温かい飲み物を飲みながらゲームを遊ぶ時間が増えつつある今日この頃、2018年年末を皮切りに発売されるポケモンやスマブラ等のキラータイトルを機にNintendo Switchをいよいよ購入するという方も多いのではないでしょうか。

来年のSwitchのタイトルはどうぶつの森やポケモンの第8世代、ファイアーエムブレムの完全新作等今年以上に強力なラインナップで先々も楽しみですが、既に発売済みのゲームにも沢山の面白いゲームがあります。

今回はその中でもポケモンやドラクエのような王道とは別の、個性的かつ良質なRPGのオススメのタイトルをご紹介していきます。

今遊んでいるゲームの息抜きやたまには王道とは違ったゲームを遊んでみたいという方は是非ご参考いただければ幸いです。

スポンサーリンク

 

ゴルフストーリー

こんな人に特にオススメ!
・成人した大人
・ゴルフゲームが好きまたは興味がある人
・剣や魔法、ファンタジーではない現代物をやりたい人
・バトルものとは一味違うシステムをやってみたい

ストーリー概要
かつてプロゴルファーになることを夢見た主人公は、再びゴルフの世界へと挑戦する決意をします。妻からは見捨てられ、すべてを失った主人公がその諦めきれない夢を追いかけ、ゴルフを通じて様々な人と出会い成長していく物語です。

ゲーム内容の概要
スーパーファミコン世代のRPGに強く影響を受けたノスタルジーなドット絵の『ゴルフストーリー』はオーストラリアのインディーズ開発者2人で制作したRPGで、国内外問わず評価が非常に高い作品です。

このRPGの特徴は何と言っても敵との戦闘がコマンドやアクションではなく、ゴルフで戦うという事に尽きます。

ゴルフのシステムは『マリオゴルフ』や『みんなのゴルフ』に採用されているような表示されたゲージ上に動くバーをタイミングを計ってボタンを押すシンプルなタイプで、誰でもすぐに馴染めるでしょう。

様々なゴルファーたちと勝負を挑み勝利することでストーリーが進行していくわけですが、沢山のユニークなコースや時にはゴルフを逸脱してフライングディスクをやったりとゲームを飽きさせない工夫も満載です。

ストーリークリアまでの時間は20時間弱と1500円の値段を見てもコスパが良く、コースで対戦プレイもできますのでかなりお買い得なオススメRPGです。

▽参考動画

 

サガスカーレットグレイス 緋色の野望


こんな人に特にオススメ!
・RPGにムービーや長い会話はいらない!という人
・兎に角バトルが奥深いゲームがやりたい人
・何度も周回してその都度変化するストーリーを楽しみたい人

ストーリー概要
人々は歴代の皇帝の元、邪神ファイアブリンガーと1000年に渡って戦い続け、7度目の戦いで打ち破った。しかし、邪神が滅んだことにより人々はいつしか皇帝をはじめとした国の統治を不要と考えはじめ、内乱によって帝国は瓦解していった。それから70年が経ち…新たな脅威が迫る。破れ砕け散った邪神の破片『スカーレットグレイス』を求める冥魔と人間の主導権を争う戦いが始まろうとしている。

ゲーム内容の概要
スクウェア・エニックスで長年『ロマンシングサガ』などサガシリーズを手掛け続けた河津秋敏氏が手掛ける最新作で、個性の塊の様なRPGです。

本作の大きな特徴としてあるのは、ゲームのプレイ時間の殆どをバトルに費やすように作られているという点です。ひたすらバトル!バトル!と戦い続けるゲーム展開は普通のゲームですと反復作業的で飽きを感じさせるものですが、本作は雑魚専含めたすべてのバトルがボス戦のような緊張感や戦略性のある絶妙なバランスが保たれており飽きを全く感じさせません。

▲陣形、ひらめき、行動順を考えて戦う戦略性…非常に奥深く戦闘狂にはたまらないバトルシステム。

ストーリーは非常に淡白で短いテキストで断片的に語られる程度でキャラクター間の濃密な会話のやり取りや迫力のあるムービーなどはありませんが、4人の主人公固有の物語があるだけでなく、選んだ選択肢によって大きく物語は変化していく自由度によって何度も遊べるRPGになっています。

このゲームは他にも街やダンジョンの探索がない等普通のRPGに当たり前のものがなく、兎に角戦闘とマルチシナリオを楽しむというトキトキに尖ったゲームなので人によっては全く合わない!という事もあり得ますが、兎に角RPGは戦闘が楽しくてなんぼなんだよ!という方には神ゲーになりうるポテンシャルを持ったおすすめタイトルです。

▽参考動画

スポンサーリンク

 

マジックスクロールタクティクス

【 MST公式サイト】

こんな人に特にオススメ!
・ヌル過ぎないかつ難しすぎない戦略SRPGがやりたい人
・萌え系の美少女キャラに抵抗がない人
・グラフィックよりもゲームは中身!な人

ストーリー概要
仕事で辺境の島にやってきた主人公の召喚士ナシュ。そこで彼女は、古代の魔女を復活させようとする魔法使いの組織と、その財宝を狙う海賊達と戦うことになります。ナシュが召喚した戦士たち、そして封印の巫女と力を合わせ、悪の野望を打ち砕きましょう。

ゲーム内容の概要
このゲームはおそらく他のタイトルと比べても知っている人が少ないと思いますが、一番激推ししたい作品です。

いわゆる『ファイアーエムブレム』のようなターンベースでマス目にユニットを動かして敵を倒していくシミュレーションRPGでゲームとしての基本ルールは王道なのですが、上から見下ろしではなく横からの視点でのマップを使っているというのが非常に個性的な作品ですね。

このゲームは高低差による影響が非常に大きく、できるだけ高い場所から攻撃をして敵に大ダメージを与えたり、高所から来る敵の攻撃から脆弱な味方をどう守るかというところに頭を使う面白さがあります。ユニットによって上下方向への攻撃が得意なものもいれば、横方向にしか攻撃できないが敵を貫通して攻撃できるもの、敵が邪魔していても通り抜けられるもの等それぞれが持っている特徴を生かして攻略していく必要もあり、戦略性のあるSRPG好きに人にはぴったりですね。

難易度のバランスも1章こそかなりヌルめですが、2章から程よいバランスで徐々に難しくなっていきます。感覚的にはFEの高難易度ほど難しくはありませんがそこそこ歯ごたえはありますのでSRPGになれている人でも楽しめると思いますし、SRPGになれていない人でもフリーマップでレベリングをしたりアイテムを買って強化して難易度を下げることもできます。インディーズのゲームはコアゲーマー向けで難しいタイトルが多いのですが、このゲームはほどほどで良くできてますね。

キャラクターの育成も自由度が高く、好きな種族と職業の中から選択した仲間を召喚して、レベルを上げて好きなアビリティを覚えさせることができます。▲アビリティ習得はツリー形式で自分の好きなものを選んで覚えさせることが可能。

仲間はコストゼロで召喚できますし、アビリティも一度覚えたものも自由に外して別のものを覚えさせることもできますので、手軽にいじりやすいユーザーフレンドリーなところもポイントが高いですね。

好みが分れそうな部分としてあるのは萌え系の美少女系キャラがたくさん登場するところやその見た目に反して少し重めのストーリーが展開されるというところでしょうか。

▲美少女アニメ調のキャラクターたちが敵味方と含め多数登場する。

あとインディーズのタイトルという事で…グラフィックもRPGツクールで作ったような…お世辞にも豪華だとは言い難いものですが、この辺りが生理的にダメではなければ強くオススメしたいですね。

私も最初は「なんだかよくわからないゲームだし、萌え系の美少女とか興味ないしなぁ」とeShopで並んでいるのを見てスルーしていたのですが、その後先行で配信されたSteamでプレイヤーの方々に非常に満足度の高い作品と評価されていたのを見て購入した口です。結果として購入して正解でしたが、やはり人にお勧めするときはこの辺りの特徴を受け入れられるかどうかが一つのポイントだと思います。

プレイ時間は15時間強でクリアできますが価格も1200円とかなり安いですし、大作ゲームの合間に遊ぶゲームを探している人は是非手に取ってみてはいかがでしょうか。

▽参考動画

 

スポンサーリンク

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください