ニンテンドー64ミニの計画は今のところなし!VC専用機としてWiiUはしばらく手放せない?!

任天堂の過去のゲーム機をミニサイズにしてソフトを詰め合わせたクラッシックミニシリーズはこれまでファミコン、ファミコン(少年ジャンプ版)、スーパーファミコンと発売されてきましたがいずれも大ヒット商品となり大きな話題となりました。

このヒットを受けてSNKやセガ、SONYも追従する形で続々とミニサイズのレトロゲーム機を発表・発売していく波に乗っているわけですが、任天堂自身は次に期待されているであろうニンテンドー64については今のところ計画にないとして存在を否定しています。

スポンサーリンク


米任天堂CEOのレジナルドフィサメイ氏(以下レジー氏)はこの件について以下の様に語っています。

最初の2つのClassicシリーズ(訳注:海外版ファミコンミニは「NES CLASSIC EDITION」という名称)を手がけた当時は、ハードウェアシステムとしてのWii Uの終了からNintendo Switchの発売までを橋渡しするビジネスとして、あくまで期間限定のことだと明確に意識していました。それがNES Classicシステムを立ち上げた、非常に戦略的な理由だったんです。お客さん達が何かを予期していたかもしれませんが、我々はこれを期間限定のことだったとみなしています。また、お客さんがサブスクリプションサービス(Nintendo Switch Online)でますます増える古典コンテンツを楽しみにしているのは、とても明白です。

引用元:Engadget
https://japanese.engadget.com/2018/11/17/64-wii-u-switch/

要するに「今後はSwitchのオンライン有料サービスの一環としてクラッシックタイトルを配信していくのでクラッシックシリーズはしばらくやるつもりがない」という事ですね。

現在Nintendo Switchの有料サービス『Nintendo Switch Online』(以下NSO)ではファミコンのタイトルが配信されていますが、ゆくゆくはスーパーファミコンやニンテンドー64のタイトルを配信していく事もレジー氏は示唆しています。

因みにNSOは2018年9月にファミコンの20タイトルを皮切りに配信スタートをし、順次タイトルを追加していますが、月に3~4本としばらくファミコンのタイトルで続きそうなペースで配信されており、スーパーファミコンですらも遠い先の話になる可能性が十分にあります。

もっとソフトのリリースペースを上げて欲しい(それとも並行してSFCや64も展開して欲しい)ですが、Switchはインディーズタイトルが現在沢山リリースされているのでクラッシックなゲームよりもそちらを優先して購入して貰いたいという思惑もきっとあるのでしょう。

となると過去のレトロゲームを遊ぶにはクラッシックミニを購入するか過去のバーチャルコンソール(以下VC)に対応したハードを買って遊ぶというのが選択肢として生きてくるわけですね。

※バーチャルコンソール=Wii/3DS/WiiUで展開されている有料ダウンロードサービス。過去の任天堂ハードやセガハード、PCエンジン、MSX、NEOGEO等のソフトを1本単位で購入して遊べる。Wiiはオンラインサービスが終了したため現在は利用できない。

スポンサーリンク

 

現在ヴァーチャルコンソールが利用できるのが3DS(2DS)とWiiUです。

3DS(2DS)はファミコンやゲームボーイのバーチャルコンソールが利用でき、New 3DS(New 2DS)になると更にスーパーファミコンのタイトルが利用できます。

一方でWiiUはそれらに加えてニンテンドー64やニンテンドーDS、ゲームボーイアドバンス、PCエンジン、MSX等のソフトも対応しており、3DSよりも遥かに豊富なラインナップ(500タイトル弱)を誇ります。

バーチャルコンソールを楽しむには実はWiiUが最高なんですよね。

豊富なラインナップの中から色々バーチャルコンソールを選びたいという方はWiiUを購入するというのが現状ベストなのですが、WiiUは2017年に生産終了のアナウンスが正式に行われており新品はプレミア化しています。

WiiUは任天堂の中でもトップクラスに売れなかった据置機なのでそこまで長く続けられるかという懸念も気になるところですね。(急にオンラインサービスを閉鎖するという事はまずありませんが)

一方で3DS(2DS)は日本では普及が行き届きSwitchにゲームユーザーが次々とシフトしていますが北米など貧富の差が激しい地域では根強い人気があるため、任天堂もまだまだ現役のハードとして運用していく計画ですのでしばらくは安泰です。

先々がしばらく保証されているがラインナップが薄い3DSでバーチャルコンソールを遊ぶか、サービス終了の懸念を抱えながらWiiUの豊富なラインナップを今のうちにたくさんダウンロードしておくのか、それともSwitchのNSOで配信されるまで首を長くして待ち続けるか…非常に判断に悩ましくもありますね。

私も親戚にSwitchを購入した際にWiiUを譲ってしまって激しく後悔をしているので、NSOや64ミニに期待していたのですが…今WiiUを買いなおそうか悩み中です。

なんやかんや新作ソフトがSwitchに増えてきてプレイ時間もいっぱいいっぱいなのですが、たまに昔の名作もやってみたくなるんですよね。

 

▼まとめ

・64以降のクラッシックミニは計画なしでしばらく出る気配はない

・NSOでFC以外のハードも対応していく計画はあるがかなり先の長い話になりそう

・ラインナップはやや薄いがしばらくサービス安泰の3DSでVCを遊ぶか

・ラインナップは豊富だがサービス終了が心配なWiiUで今のうちに遊びたいVCをDLしておく

 

スポンサーリンク

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください