カッコよすぎるロボアクション『DAEMON X MACHINA』 Gamescom2018までに明らかになった内容をご紹介!

E3 2018 のNIntendo Directで一番最初に先陣を切って紹介されたNintendo Switch専用タイトル『DAEMON X MACHINE』(デモンエクスマキナ)は、かつてフロムソフトウェアで『アーマード・コア』 というロボットアクションを作ったスタッフが参加している所や同作との多くの共通点から「アーマードコアの精神的続編だ!」と話題になりました。

そして Gamescom 2018 の Nintendo Red Cube というショーケースで、プロデューサー佃氏とNintendo of Europeにより更なる情報が公開され、その内容の全容が見えてきましたので本日は『DAEMON X MACHINA』がどんなゲームかを記事にまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

簡単に言うとどういうゲーム?

ジャンルで言えばミッション形式の3Dアクションゲームで、他のゲームを使って例えるなら『アーマードコア』x『モンスターハンター』x『ゼノブレイドクロス』とそれぞれのゲームを掛け合わせたようなゲームです。


▼『アーマードコア』的な要素

パーツを自分の好きなものでカスタマイズ・強化して戦場に乗り込む3Dロボットアクションで、ド派手にミサイルや銃弾の弾幕が戦場に飛び交う。ミッション形式で次々と与えられたステージをクリアしていく。

▼『モンスターハンター』的な要素

4人同時のマルチプレイが可能でミッションによっては巨大な大型ボスなども登場する。モンハンとは違ってCPU操作の仲間も同行が可能。(その点で言うとモンハンというよりもゴッドイーター的かも)ミッションをクリアしてアイテムを持ち帰るのもモンハン的。

▼『ゼノブレイドクロス』的な要素

オープンワールドRPGではないが、本作はゼノブレイドクロスの様に生身の人間が地上に降りたって活動する事が可能。実際に剣を振ったりグレネードを投げたり銃撃をする等で戦うことができる。


このゲームスタイルの他にもトゥーンシェーダーと呼ばれるアニメ調のグラフィックを用いてハードコアなロボットアクションを表現するというのも珍しく、本作の大きな特徴になります。

『ドラゴンボールファイターズ』や『僕のヒーローアカデミア Once Justice』等と同じゲームエンジン『Unreal Engine4』で作られた映像はマーヴェラスどころかSwitchのゲームの中でも群を抜いたド派手さとユニークさで、最高にかっこいいロボットアクションを作ろうという意気込みを強く感じさせますね。

 

豪華なスタッフ陣

▼プロデューサー:佃健一郎氏

フロムソフトウェアに入社後PS2『アーマードコア2』『アーマードコア3』のプロデューサーを担当。当時コアで分かりにくいゲームだったアーマードコアを初心者にも分かり易く、コアなファン以外にも楽しめるものへと再構築した人物。上記の作品は複数の派生タイトルが発売されたがいずれも評価が高い。

しかしマーベラスに移った後は『Fate EXTELA』を手掛けるが畑違いのFate無双を作ったのもあってあまり評判の良いものが作れなかったが、今回同氏の得意とする『アーマードコア』の精神的続編を作るという事で並々ならぬ期待を寄せられている。

▼メカデザイン:河森正治氏

『アーマードコア』からの佃氏との付き合いにより本作でもメカデザインを担当。『アーマードコア』というマニア寄りな作品だけでなく、『マクロスシリーズ』や一昔前にパチスロのCMで流行った『創聖のアクエリオン』、『交響詩篇エウレカセブン』等のメカデザインを手掛けた超大御所。

マクロスの様に変形機構を持ったロボットのデザインを得意とし、常に独創的なデザインをモットーに数々のメカデザインを手掛けた氏の最新作になる本作は『アーマードコア』よりもよりアニメ的なスタイリッシュさを強調したものになっている。

▼キャラクターデザイン:コザキユースケ氏

『ファイアーエムブレム覚醒』、『ファイアーエムブレムif』、『ノーモアヒーローズシリーズ』、『ポケモンGO』等数々の任天堂ハードに出たゲームのキャラクターデザインを手がけた任天堂ファンにはお馴染みのキャラクターデザイナー。

▲佃P曰く物語のキーとなる登場人物。プレイヤーのライバルか?

現在は本作の他に同じくマーベラスの『トラヴィス・ストライクス・アゲイン』やスパイクチュンソフトの『AI』のキャラクターデザインも手掛けており相変わらず引っ張りだこ。

▼開発スタジオ:マーベラス第一スタジオ

本作の他に『Fate EXTELAシリーズ』やバンダイナムコの『GOD EATER3』を手掛けるマーベラスの主力開発部隊で3Dアクションゲームの制作を得意とする。

 

ストーリーと世界観

突如として崩壊した月はその半分が崩落し、地球へと降り注いだ。
後に「目覚めの日(First Day)」と呼ばれるその事件において、月から「フェムト(FEMTO)」なる物質が地上に齎されたものの、地表の被害は甚大なものとなった。
「目覚めの日」から数年後、復興を謳った時代は今や過去……
復興のための無人機のAIは自己進化の果てに「イモータル(Arms of Immortal)」と化し、人類を襲うようになった。人類は「オーヴァル(OVAL)」と呼ばれる危険地帯内で、フェムトを含む資源争奪戦に明け暮れている。
主人公は、フェムトを扱う特殊技能を獲得した「アウター(OUTER)」となり、
巨大な戦闘用外部装甲「アーセナル(ARSENAL)」を駆る傭兵として、混沌としたポストアポカリプスの地表を戦い抜いてゆくこととなる。

引用:ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/daemon%20x%20machina

 

アーセナルと呼ばれるロボット

本作のメインとなる要素はアーセナルと呼ばれるロボットのアクション及びそのカスタマイズでしょう。

アーセナルは見た目で全長が5~8mくらいのロボットで、巨大な人型ロボというよりもパワードスーツとロボットの中間位置にあたる存在です。(人によってどちらなのか定義が変わりそうですが)

出典元:デモンエクスマキナ公式

アーセナルは拠点のハンガーでパーツ・武器を組み合わせたカスタマイズが可能でそれぞれのパーツによって性能や機能が変わります。

▲両手両肩等複数の部位に武器の装備も可能でパーツ構成の多彩さは『アーマードコア』を彷彿させる。

今まで紹介されている映像を見た限りではパーツカテゴリーは『アーマード・コア』並みに細かく分かれているようですので、パーツアセンブル(組み立て)が好きな人は延々と色んなパーツを試行錯誤して楽しめそうですね。

また、本作のアーセナルに関する重要なポイントして、ミッション中に敵の武器をその場で拾って使用ができたり、それを持ち帰って自分の武器として次から常用できるという所も見逃せません。

敵の武器は同サイズのロボットだけでなく、巨大なボスが落とした大きなレーザー砲などもその場で使用できるなど攻略の自由度を高める要素としてもゲームを面白くしている要素として期待が出来そうですね。

▲ボスが落としたレーザー砲をコントロールして撃ちこむ。因みにこれを武器として持ち帰りアーセナルの通常装備として再構築もできる。

他にも細かい部分では巨大な敵の腕など身体の上に乗って戦う事もできる等、ロボットものが大好きな人には堪らない要素がふんだんに詰め込まれており、非常に充実したロボットアクションゲームになるという期待感が持てます。

スポンサーリンク

 

パイロット「アウター」での活動も可能

本作はアーセナルでのミッション遂行だけでなく、アウターと呼ばれるパイロット単独での活動やミッション中でのアーセナルの乗り降りも可能になっています。

出典元:デモンエクスマキナ公式

アウターは”フェムトエネルギー”によって超能力を持った人間で、見た目やスキルのカスタマイズが可能です。

▲髭の面のおじさんから若い女性まで容姿もしっかりとカスタマイズができる。

しかもアウターのスキルはそのままアーセナルの性能に反映されるという事で、アーセナルだけでなくアウターの成長も攻略において非常に重要な意味を持つことになります。

Gamescom 2018のプレゼンではこのアウター単独でのミッションが初めて公開されましたが、アウターは普通の人間と違って高機動のダッシュや高いジャンプが可能で前述のとおり超人的な能力を持っています。

武器はライトセーバー(もしくはビームサーベル)のような近接武器や、グレネードランチャーの投擲武器、地面に設置する地雷、支援ユニットによる銃撃等様々な攻撃方法が存在する事も確認できます。

▲様々なスキルを持ち、単騎特攻もできる超人的な人間「アウター」。

実際にミッションでアウターのまま出撃し、敵の基地から最新のアーセナルを持って帰るというデモを行っていましたが、これとは逆にアーセナルで基地に突撃してアウターで相手の基地に潜入して爆弾を設置して帰ってくる等色んなミッションバリエーションに期待が持てそうですね。

 

マルチプレイの充実したゲーム

佃プロデューサー曰く、本作を作るにあたって「Nintendo Switchだからこそ楽しめるゲーム」というコンセプトを重要視しており、マルチプレイの遊びに力い入れている様です。

拠点のハンガーに4機の機体が並んでいる映像も出していましたが、最大4人で一緒に仲間とミッションに本作は参加する事が可能です。

▲ハンガーに並ぶ自機と仲間のアーセナル達。マイアーセナル自慢や仲間のアーセナルの鑑賞もここで満喫できる。

仲間とオンラインや本体を持ち寄っての協力プレイもできますし、CPU操作でも最大3人を連れていく事ができます。

フレンドがいる人は足りない人数にCPUを加えてフルメンバーで出撃できますし、1人でもCPU操作で4機のチームで出撃できたりと身近な人と一緒に4人でプレイをする機会が少なくても十分に楽しめるような配慮がされているところも良い点ですね。

▲仲間たちと共に暴走した巨大工作ロボを破壊すべくいざ戦場へ。

対戦モードについてはまだ不明ですが『アーマードコア』を作ってきた人たちの作品なので最大8人での対戦が搭載されている可能性は高そうですね。

因みにミッション終了後にしばらく自由に動ける時間(モンハンの討伐後の剥ぎ取りタイムのような時間)があるのですが、そこで他のゲームには今までなかったような遊びができるという事もGamescom 2018で佃プロデューサーは言及しており、チームでの遊びを強く意識したゲームというコンセプトにはかなり力を入れています。

 

発売は2019年でも待ち遠しい作品

お披露目となったE3 2018からGemasecom 2018と映像を見てきて着々とゲーム開発が進んでいることが確認できますが、まだプレゼン用の実機映像にはボイスが当てられていないので発売は2019年の中盤から後半くらいになりそうですね。

兎に角この手のゲームはボリュームが非常に重要でいかにパーツや武器、大型モンスターのバリエーションが豊富でがっつり楽しめるかという所にかかっていますので焦らずしっかり作り上げていってほしいものです。

一時期『ガンダム』くらいしか息をしていなかった日本のロボットアニメ市場も『シンカリオン』や『ドライブヘッド』、『ゾイドワイルド』等一部の小学生向けのロボットアニメを中心に盛り上がりつつありますので、もう少しロボットゲームも盛り上がるようなきっかけに本作がなれば嬉しいですね。

管理人が2019年のSwitchタイトルで最も気になっているのはこの作品ですので今後とも応援していきます!

 

スポンサーリンク

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください