Switch版『Paladins』(パラディンズ)の楽しみ方!シューター初心者の方向けに基本ルールから解説!

先日から基本無料のサービスがスタートしたSwitch版『Paladins』ですが、『スプラトゥーン2』や『Fortnite』とはまた違った楽しさのあるチームスポーツ系シューターで既に海外では根強い定番のタイトルになっています。

私も既に展開されていたSteam版を少しかじっていたのですが日本語版が無かったり、PS4版はそもそも国内配信されていなかったりと日本では浸透する環境が整っていなかった為、これとよく似た『オーバーウォッチ』の方に主に走ってしまったんですよね。

今回日本語版として初めてSwitchに配信されたことで私も改めて本作をやっているのですが、日本語にローカライズされたとはいえゲーム内でも説明不足なところも多く、シューター初心者の方にはなかなかゲームのルールが分かりづらいのではないかなと感じています。

そこで今回はシューター初心者の方が本作を遊ぶ上で押さえておきたいポイントをピックアップして解説していきます。

私も本作をどっぷりやり込んでいるわけではないのでガチな方とはまた意見が違ってくるかもしれませんが、ガチ勢の方は生暖かい目で見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 

『Paladins』はチーム戦のスポーツ系シューター

本作は対戦型3Dシューティングゲームで所謂「シューター」という銃で撃ち合いするジャンルに属しますが、その中でも5vs5のチームプレイ重視のスポーツ系のタイプになります。

家庭用ゲーム機のシューターで有名な作品ですと『Call of Duty』や『Battle Field』…最近だと『スプラトゥーン2』や『Fortnite』等があげられますが、それらがどちらかというと個人にフォーカスされている作品であるならば、本作はチーム全体の連携にフォーカスした作品と言えます。

出展元:Comicbook

敵を倒すという単純な楽しさ以上に他の人と協力して勝利を掴むことに喜びや楽しさを感じる団体競技の側面が強く、銃で撃ちあうゲームというよりもサッカーやアメフトの様なスポーツの感覚に近いかもしれません。

また、映像面においてもトゥーン調のグラフィックで流血表現もありませんので上記のミリタリー系のシューターが苦手な人でもカジュアルな感覚で遊びやすくなっているのが特徴ですね。

 

基本無料で課金部分はスキンの入手程度

本作は基本無料でゲームのベース部分は無課金で全て遊べます

最初は使用できるキャラも少ないですがゲーム内通貨でどんどんアンロックしていけますし、ゲームを有利にするような課金要素はないので無課金派でも問題なくしっかり楽しめます。

因みに課金の種類は二通りあります。

1つは単純にお金を払ってスキン等アイテムを個別で購入するものです。

▲リアルマネーでクリスタルを購入して限定スキン等を入手するだけでなく、デイリーボーナスで地道にクリスタルを貯めて入手もできる。

そしてもう1つはシーズン単位の有料コース(600クリスタル)への加入です。

▲上が無課金コースで下が課金コース。ポイントを貯めるとティアが上がっていきアイテムやゲーム内通貨などがもらえる。

本作は100日程度の周期のシーズン制を採用していており、試合をする度にシーズンのポイントがたまっていき、ティアが上がっていきます。

そのティアのレベル数に応じてゲーム内通貨やアイテムを入手する事が出来ますが、有料のコースへ加入した場合は限定スキンなど色々な装飾アイテムの入手などで無課金コースと差別化されています。

このコースはシーズンが変わるたびに更新されますので、その都度「このスキン欲しいから今シーズンだけ課金コースやろうかな?」とか「他のゲームが忙しいので今シーズンの加入はやめておこう」とか判断することが可能です。

 

『Paladins』はFPSとしてもTPSとしても遊べる

3Dシューティングゲームというと視点によってFPS※1/TPS※2の二つに大きく分けれますが、本作はどちらの視点も自由に切り替えられれるので「FPSは酔いやすいから苦手だよ」とか「キャラクターが見えないのはやりにくい」という人はTPS視点で遊ぶ事もできます。

※1.FPS=First Person Shootingの略でキャラクターの目線のカメラで遊ぶシューティングゲーム

※2.TPS=Third Pasroson Shootingの略でキャラクターの背後から見たカメラで遊ぶシューティングゲーム

▲画面のカメラ=キャラクターの目線になるのがFPS。自分がキャラになったような視点で臨場感を楽しみたい人向けで遠景も視認しやすい。

▲TPS視点に切り替えるとカメラがキャラの背後に。こちらは日本のゲームでも良くあるカメラ視点で遊びやすく、背後や真横など視野が広く角度によっては壁の向こう側も見えたりする。

日本では『スプラトゥーン』をはじめとして『バイオハザード』、『メタルギアソリッド』等のキャラクターの背中が見えるTPSタイプのゲームの人気があり慣れている人が多いと思いますし、視野も広いのでまずはTPS視点でゲームに慣れていくのをおススメします。

 

ほぼオンライン対戦をメインにして遊ぶゲーム

本作はAIが操作するBOT相手に練習もできますが、基本的にはオンライン対戦がメインになります。

フレンドと一緒に参加するのもアリですし、見知らぬ人たちとチームを組んで相手のチームと戦うランダムマッチングもできます。

遊べるモードは「クイックプレイ」と「ランク戦」です。

▲クイックプレイとランク戦以外にもAIを相手にしたトレーニングも可能

本作は対戦するたびに経験値が加算されレベルが上がっていく仕組みで、最初は上記の様にロックされていますがレベルとキャラの解法人数が条件に達すると「ランク戦」にチャレンジできるようになります。

「クイックプレイ」はルールやマップ、各キャラクターの特徴を覚えるなどの練習目的や、勝敗に拘らずとにかく楽しく遊びたいという人向けのモードですね。

「ランク戦」はレートを賭けた戦いで各シーズンの競争が行われるモードで、基本的にはレートが近い人たちとガチで勝負をしたい人のためのモードです。

 

シューター初心者に優しいポイント、難しいポイント

本作はシューターに慣れていない人にとって入門しやすい優しい面と逆に壁になる面が共存しているゲームです。

壁になると言ってもこれはゲームのやりがいにも繋がっている部分ですし、内容をちゃんと理解すれば苦にならず楽しく遊べますのでご安心ください。

それでは具体的にどういう所が初心者に優しくて、どういう所に注意すべきかをピックアップしてご紹介します。

▼初心者に優しいポイント

1.キルタイムが長く、わからん殺しが起きにくい

キルタイムというのは攻撃をしてキルを取る(敵を倒す)までの時間の事を指します。

ミリタリー系のシューターにはキルタイムが短いゲームが多いですが、敵と遭遇して一瞬で倒す倒されるの結果が出てしまう様なゲーム性は初心者の方にとって非常にハードルが高いものです。

特にスナイパーライフルで遠くから撃たれたときなんかは見えないところから一瞬で倒されて何が起きたか分からず、どう対策をしていいのか途方に暮れてしまう人も多いのではないでしょうか。

一方で本作はキルタイムが非常に長いゲームで、体力に余裕があれば弾を数発受けても生き延びれるゲームです。

敵に倒されるにしても打たれてから倒されるまでの間に『あ、後ろから撃たれてる…どうしよう!ヤバい!避けられない!あ~やられた!』みたいに状況を判断する時間が与えられるので、倒された経験も糧にして成長が楽しめます。

2.フレンドリーファイアはなし

フレンドリーファイアとは仲間を攻撃してダメージを与えるもしくはキルをする事を指します。

ミリタリー系のシューターではこれを採用しているゲームも多く、管理人が好きな『レインボーシックスシージ』では仲間から撃たれたり、こちらも誤射してしまったりも日常茶飯事です(笑)

中には仲間をわざと攻撃して喜んでいるような悪質なプレイヤーや誤射されてムキになって喧嘩しあう人達もいたりして、そういうのを見る度にゲーム自体を嫌いになりそうになります。(ゲームには罪はないんですけどね…)

幸いな事に本作はフレンドリーファイアがなく、自分の攻撃が味方に当たることも当てられる事も気にせず敵に集中して攻撃をすることができます。

シューター初心者の方も臆せずどんどん攻撃しちゃいましょう。

3.敵には色付けされた縁取りが表示される

シューターに慣れないうちは上手く敵が視認できず、一方的に相手からの攻撃を受ける様な理不尽な思いを感じる事も多いです。

私もミリタリー系のFPSをやっていて未だに良くあるのですが、しっかり敵が画面に映っているのに保護色で背景と馴染んでいて気付かずに無防備のまま倒されてしまって…あんなに目の前に堂々といたのに気付かなかったなんて!と非常に悔しい思いをします。

しかし本作ではそのような事が起きないようにゲームプレイ時には敵のキャラクターの身体を縁取るような色の発光が付けられます。

▲遠くの敵もオレンジの縁取りのお陰で見やすい

こちらの画像の通り…背景と敵の区別がはっきりしていますのでこれなら敵を見逃しにくいですよね。

スポンサーリンク

 

▼初心者の壁になるポイント

1.ルールへの理解

本作は残念ながら満足なチュートリアルらしきものはなく、実際にプレイをして覚えなさいというゲームになっていますのでそのまま無知識で行くと何をやっていいかわからず面白さを理解しきれないまま辞めてしまう可能性があります。

本作には大きく分けて3つのルールがありますが、それぞれは内容的に非常にシンプルなものですのでそれをまず理解した上で挑戦する事をお勧めします。

各ルールについては次項で詳しく説明しますのでそちらをご覧ください。

2.キャラが豊富過ぎる

本作は個性的なキャラ(ゲーム内ではチャンピオンと呼称)が30以上登場し、それぞれ別々に個性的なアビリティが用意されています。

▲当記事執筆時は35人…もう十分すぎるくらいの数だが今後も増える模様。

個性豊かなキャラクターがたくさん登場するというのは非常に嬉しい事ですが、その反面デメリットとしても働いているところがあります。

例えばキャラが多いと敵対する相手の対策が大変です。

相手の使っているキャラクターがどんな事を得意不得意としているのか、どんな戦略を仕掛けてくるのか一通り理解するまで時間がかかると思います。

また、これだけ数がいると自分のお気に入りのキャラを見つけるのも大変ですよね。

無課金でプレイする場合はゲーム内通貨でキャラをこつこつアンロックしていく事になりますので誰からアンロックしていくかも非常に迷うところです。

見た目で選ぶというのも一つの手ですが、中には初心者が扱いきれない様なピーキーなキャラもますからね。

これらについては自分で色んなキャラを使ったり試合経験を積むことで自然と覚えていく事なので、焦らずキャラを一人一人触って練習してみたり楽しみながら覚えていく事が重要だと考えます。

いやいや、そんな気の長いこと言ってられねぇよ!っていう方は私の独断と偏見ではありますがゲームに慣れるために最適なキャラクターを別の記事にてご紹介しておりますのでそちらを是非ご参考ください。(記事の最後に関連記事としてリンクを貼っておきます)

 

『Paladins』の基本的なルール説明

前述したとおり本作は5vs5の多人数チームバトルの対戦ゲームですが、その中でもゲームルールが3つ存在しますのでそれぞれの内容とポイントをご紹介します。

因みに今後バトルロワイヤルモードが追加される予定だそうですが、当記事執筆時は未実装のためこちらでは割愛します事をご了承ください。(後々に追記する可能性はあります)

1.TDM(チームデスマッチ)

こちらは至ってシンプルな内容で一定時間に敵を倒した数が多い方のチームが勝ちになります。

出典元:Comicbook

このルールは敵を倒すのに特化したキャラクターを皆選びがちになりますが、自分が倒されれば相手のポイントとして献上してしまうというリスクも考える必要があります。

ゲームに慣れないうちは攻撃的なキャラで突っ込むよりも生存しやすい体力の高いキャラクターや回復のできるキャラクターで敵を引き付けて味方に倒して貰うような守り中心のプレイをオススメします。

2.襲撃

こちらのルールは簡単に言うと陣取り合戦です。

下図のようにステージ中央にある枠のエリアを両チームで奪い合います。

そして敵をエリアから締め出して占拠する事で味方にポイントが入っていき、一定数までポイントを貯めた方が勝利になります。

▲敵をエリアに近づけさせずできるだけ自チームが滞在することが重要。キルに拘らず防衛網を維持することが大切。

このルールはお互いに真ん中のエリアを集中して奪い合う為、多人数の激しいぶつかり合いになりやすく一人でいるとあっという間にキルされてしまいます。

無暗に単騎で突っ込むと数的優位を相手に常に取られ逆転がより難しくなりますので、前線に味方がいない場合は焦らずに味方の合流を待ってから敵に対等以上の人数で挑むことも大切になってきます。

また、前を意識し過ぎると横からの隙攻め込まれたり、裏を取られて崩されるという事もあるので周囲の警戒も重要です。

3.シージ

このルールは2段階のフェーズに分かれます。

まずは「襲撃」と同じように真ん中のエリアを両チームで奪い合います。

そして一定数ポイントを貯めたチームに「ペイロード」という車が与えらるので、これを相手の陣地にあるゴールまで運べばポイントが加算されます。

▲「ペイロード」を相手の陣地近くにあるゴールへ到達させれば2ポイントゲットできる。

「ペイロード」はチームの人間が近くにいればどんどん前へ前へと進行しますのでこれを相手の陣地迄押し込みましょう。

逆に「ペイロード」を獲られてしまった側の場合、できるだけ進行させないように相手チームを「ペイロード」から追い払いましょう。

敵チームの「ペイロード」の近くに居続ければ徐々に後退させられますので隙を見て押し返すことも大事です。

こうして「ペイロード」を押し合い最終的に一定のポイントに達した側のチームが勝利となります。

本ルールのコツは「ペイロード」の進行を常に意識することです

特にキルを取ることに夢中になりやすい人が集まると「ペイロード」を放置したままで優勢のはずが全く進めれなかったという事も起きやすいので注意です。

「ペイロード」を進めている最中は体力も自動で回復できますし「ペイロード」を盾にして攻撃を防ぐという事もできるので、できるだけその付近で戦う事が重要です。

 

ロールという役割分担を強く意識するゲーム

本作には4種類のロール(役割)が存在し、それぞれのロールの役割を発揮してチームに貢献する事が重要です。

それぞれのキャラクターがどのロールに属するかはキャラ選択画面の下に出ているマークから判断できます。

▲左からフロントライン、サポート、ダメージ、フランク

4つの中でも特に必須と言われるのが、敵の攻撃を受け盾となって前線を作る役割の「フロントライン」と仲間を回復し前線をキープする「サポート」です。

この二つのロールが欠けると非常に貧弱なチームになり、よほど実力差がない限り負ける可能性もかなり高いので注意が必要です。

敵を倒す役割の「ダメージ」や「フランク」をやりたがる人がやはり多いので、勝ちたい人はバランスを取れるようにこの二つのロールのキャラを少なくとも1体は練習して使えるようにした方が良いです。

 

カードのカスタマイズやアイテムの購入はゲームに慣れてから

本作はキャラごとに専用のアビリティカードが用意されており、用意された中から5枚を組み合わせてカスタマイズすることができます。

▲キャラごとにそれぞれ固有のカードが全部で16枚用意されており、自分の好きなスタイルに合わせたカスタマイズができる。

例えば守りを固めるためにシールドのHPを上げるカードを付けたり、逆に攻撃を重視する為に弾数を増やすカードを付けたりと自分の好みに合わせた調整がこれによって可能です。

こういったものを知ると弄りたくなる人も多いと思いますが、どのキャラをメインとして使うか定まっていない時は気にせずデフォルトで用意されているカードの組み合わせを使用していきましょう。

ある程度メインキャラが決まってきた段階で「このキャラをもうちょっと〇〇したいな」と思った時に触ってみると自然とどのカードをどう組み合わせるかなど自分で考えてカスタマイズできるようになるはずです。

そしてもう一つ試合中にできるアイテムの購入というシステムがあり、こちらは自陣の拠点にて特殊効果のあるカードを購入することができます。

こちらも最初はデフォルトの自動購入のままにしておき、ゲームに慣れて余裕が出来たら自分で好きなカードを選択するという考えで問題ないと思います。

何のカードを選ぶかというの本作のユニークな所で研究のし甲斐のある楽しい部分でもありますが、ある程度自分のマイキャラや戦術がはっきりしてこないと何をしていいか分からないところがあるのでゲームに十分に慣れてから試行錯誤してみるのが良いでしょう。


…というわけでいつになく今回は長文記事となってしまいましたが、無料で遊べるゲームとしては滅茶苦茶充実しているゲームなので是非気になった方はe-shopでダウンロードをしてみて下さい。

Switch版はボイチャやテキストチャットがないのでギスギスした感じになり難いですし、初心者の方も沢山やっている印象なので『Paladins』でチームプレイスポーツ型のシューターを始めるには絶好の機会かもしれません。

今回割愛させていただきましたが、また別の記事にて初心者おススメのキャラ(チャンピオン)もご紹介したいと思っていますのでそちらもどうぞよろしくお願いします。

最後まで長文ご一読いただきありがとうございました。

▼関連記事

Switch版『Paladins』(パラディンズ)で脱シューター初心者! 第一回【数的優位と前線を知る編】

▼オススメチャンピオン記事

Switch版『Paladins』これで脱初心者!オススメチャンピオンをご紹介!:サポート編

 

Switch版『Paladins』これで脱初心者!オススメチャンピオンをご紹介!:フロントライン編

Switch版『Paladins』これで脱初心者!オススメチャンピオンをご紹介!:ダメージ編

 

スポンサーリンク

 

4件のコメント

  1. 昨日初めてプレイして、よくわからないまま仲間を怒らせてしまったので、この記事を見てからやればよかったと後悔しています。
    丁寧でわかりやすいです。有難うございます!

    1. >>さざれさん
      ありがとうございます!そのお言葉が励みになります!

      やっぱりゲーム内でちゃんとルール説明がされていないと最初は苦労しますよね。
      本記事で少しでも協力プレイの楽しさに繋げて頂ければ幸いです。

  2. はじめまして
    シーズン単位の有料コース(600円)とあるのですが、600クリスタルなので
    e-shopで600のクリスタルを購入すると合計1402円になると思います。
    手ごろな価格にして気軽に買えるようにしてほしいですね。

    1. >よろもんさん

      はじめまして、コメントありがとうございます!
      ご指摘の件有難うございます。
      (早速記事を修正させていただました。本当に助かります。)

      私はスキンとかあまり興味がないので無課金派なのですが
      もう少し安ければ課金するのになぁと思う節もありますね…。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください