2018年7月発売 Nintendo Switchのオススメタイトルをご紹介!涼しい部屋で遊びたい!

夏の美味しい所だけ味わいたい、管理人Funkyです。

沖縄以外に関東も6月中に梅雨明けがされており、異例の速さで夏が到来してきています。

今年は暑い夏になると気象庁の予測も出ており猛暑日もこれからどんどん増えてくると思いますので、部屋の中で涼しく快適に過ごすためのお供にSwitchも活躍しそうな予感がしますね。

7月発売のSwitchのタイトル達は比較的じっくり遊べるゲームが揃っていますので、本日はそれらを中心にピックアップしてご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

7月5日 スチームワールドディグ

穴を掘り地下へ地下へと掘り進む2D探索アクションゲーム『スティームワールドディグシリーズ』の第1作目です。

本シリーズはある程度ルートを自分で決めて掘り進められる自由度を特徴として挙げられますが、道中に丁度いい塩梅のパズル要素やアクションが成長していくRPG要素なども用意されており『最後まで飽きずに遊べる』と非常に高く評価されていますね。

既に配信されている他機種で不評だったローカライズもSwitch版は安心のフライハイが翻訳し直しているという事もポイントが高いです。

尚、Switchには『スチームワールドディグ2』が先に既に配信されておりこちらも非常に評価が高い作品で、当ブログでもレビュー記事を記載しておりますのでご興味ある方はそちらも是非チェックしてみて下さい。

▼関連記事

『スチームワールドディグ2』レビュー・感想 ~完成度高し!傑作探索アクション!~

 

7月12日 スチームワールドハイスト

本編の『スチームワールドディグ』に対するスピンオフである本作ですが、本編に劣らずかなり評価が高い要チェックタイトルです。

本編と世界観やゲームのグラフィックは共有しつつも中身は全く別のシミュレーションゲームになっていますので続けて遊ぶのも全然アリですね。

アクション性は全くなくターンベースで各キャラクターに指示をしてドラム缶等の遮蔽物に隠れながら跳弾や爆弾で上手く物陰に隠れた敵を倒す…という頭を使うタイプのゲームです。

Switchに出ているゲームだと『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』に似たゲーム性ですので、同作が好きな人にもお勧めです。

▼関連記事

『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』 レビュー・感想 ~見た目を裏切る頭脳派シミュレーション~

 

7月12日 送り犬

ダウンロード専用ソフトで夏らしいホラーテイストのテキストアドベンチャー『送り犬』がSwitchに登場します。

元々は携帯アプリや小説として展開し好評を博した作品で今回Switch版を出すに辺り追加要素を加えたフルリメイクになっています。

本作の売りは何といっても遊ぶ度に意外な展開が待ち受ける多様な分岐型ストーリーでバリエーション豊かな物語を楽しむことができるという点でしょう。

本作については個別でレビュー記事を起こしていますのでご興味ある方はそちらをどうぞ。

▼関連記事

Switch版『送り犬』レビュー・感想 ~ホラーで終わらせない!玉手箱の様なマルチストーリー~

 

7月13日 オクトパストラベラー

この夏Switchの一番の大作と言えばこちらではないでしょうか。

スクエニの新規IPで元々3DSで『ブレイブリーデフォルトシリーズ』を手掛けていた浅野P率いるチームの新作RPGです。

本作は『HD-2D』と呼ばれる最新技術にクラシカルなドットを混ぜたような何思言えない不思議な映像に強く惹かれるものがありますが、それぞれ特徴を持った8人の主人公の物語や戦闘の戦略性も非常に興味深いものがありますね。

既に製品版へ引継ぎが可能な体験版がe-shopにて配信されていますのでご興味ある方は是非一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

本作を作っている浅野P率いるチームはSwitch専用タイトルを制作する為の部署として先日昇格したとアナウンスされましたが、これからの『オクトパストラベラー』に続くSwitch向けのタイトルに期待を込めて当ブログでも応援していきたいと思います!

 

7月13日 進め!キノピオ隊長

マリオの中でもちょい役のピノキオが主人公デビューした本作はWiiUでも隠れた名作として支持が厚い作品です。(と言っても13万本以上売れていますが)

早く走ったりジャンプで飛び回るマリオの本編が『動』ならばそれらができない本作は『静』のゲームで、小さな箱の世界をぐるぐる回して”攻略を考えるパズル的な面白さ”に振った作品ですね。

WiiU版の移植という事にはなっていますが、ゲームパッドを使ったギミックの都合上一部のステージをSwitch版オリジナルのステージ(マリオオデッセイのデザイン)に差し替えられているようですので、WiiU版が好きだった人もそちらを目的で遊ぶのもアリかと思います。

本作はおすそ分けでより気軽に友達や家族とワイワイ楽しめますし、値段が凄くお値打ちなのでWiiU版よりも売れそうな予感がしますね。

e-shopでも体験版が既に配信されておりますが、よゐこの実況プレイ動画でも楽しく本作の予習ができますね!

スポンサーリンク

 

7月19日 太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!

あの定番タイトルが遂にSwitchに登場です。

『太鼓の達人シリーズ』も10年近く続いているタイトルですが、休日のショッピングモールのゲームセンターを覗くと誰かしら遊んでいて相変わらず人気がありますね。

本作のキーワードは『ふってドンカツ』(笑)

Switchのジョイコンのモーションセンサーの機能を生かしてバチの様に振って音を出せるというのが注目するポイントでしょう。(勿論ボタン操作でも遊べますが)

以前に『がるメタル』というジョイコンを振ってドラムを演奏するゲームがSwitchに発売されましたが、発売当初ジョイコンの振りと音にズレが起きるという事が話題になりました。

発売後のアップデートで問題は無事改善されたようですが、本作も上手く発売前までに対応されていることを祈りたいですね。

専用の『タタコン』もHORIから同時発売されるようですが、こちらはかなりの大不評を受けたPS4版から大きく改善されたものになっている様ですので本作への『太鼓感』を再現するための本気度は高そうです。

個人的には『マリオオデッセイ』や『スプラトゥーン』の曲が収録されていることにそそられますね!

 

7月26日 ロックマンXアニバーサリーコレクション1+2

懐かしのロックマンXシリーズの詰め合わせ作品で、X1~X4までを収録した『コレクション1』とX5~X8までを収録した『コレクション2』の二作にソフトとしては分れていますが、両方をパッケージした『コレクション1+2』のセットとしても発売されます。

往年のロックマンXファンには堪らないコレクションですがただの寄せ集めではなく、追加要素をしっかり入れているのもポイントが高いですね。

色々な設定資料のアーカイブだけでなく『Xチャレンジ』と呼ばれるシリーズに登場するボスを組み合わせたバトルではオリジナルのデザインのXやステージも用意されている等中々力の入ったコンテンツになっています。

▼1+2のセット版



▼1と2のばら売り版

▼関連記事

ロックマンXアニバーサリーコレクション発表!につきロックマンXの歴史を振り返る

 

7月26日 ロケットリーグ コレクターズエディション

昨年Switchにも配信され定番対戦ゲームの仲間入りを果たした『ロケットリーグ』がこれまでのDLC7種を同梱してパッケージとして発売されます。

DL版の『ロケットリーグ』が税込みで2100円程ですが、3000円分のDLCがマルっと入って4000円弱というのはかなりお得ではないでしょうか。

DLCには新たな車種やアクセサリーが付いているのですが凝ったデザインのものが多く、かなり魅力的ですね。

因みにゲーム内容については以前にレビュー記事を書いておりますので、気になる方は是非そちらもチェックしてみて下さい。

▼関連記事

『ロケットリーグ』レビュー・感想 ~シンプルで競技性の高いモータースポーツ?!~

 

7月26日 ウルフェンシュタイン2 ニューコロッサス

シングルプレイのFPS最高傑作と評される『ウルフェンシュタイン2』がSwitchにも登場します。

※以下の動画は18歳以上の方のみ閲覧可能です。ゴア表現などもありますので苦手な方はご注意ください。

第二次世界大戦でもしもナチスドイツが勝ってしまったという現実とは異なる世界を舞台にナチス兵やサイボーグ相手に銃火器をぶっ放し血みどろになって戦うFPS(一人称視点シューティング)です。

Switchには出ていない前作とストーリーが繋がっているのがやや新規で始める方にとってどうなんだろう?と思う所ではありますが、Switchトップクラスのフォトリアル表現やランボー的な爽快感重視のFPSとして十分楽しめると思います。

Switch版はジャイロエイムにも対応しているという事ですので『スプラトゥーン2』を遊んでいる人がもっとゴリゴリのシューターを遊びたいという場合の選択肢としても面白そうですね。

 

…と以上が2018年7月発売のオススメタイトルのご紹介になります。

管理人が購入決定しているのは以下の3作で、こちらはレビューを書くのが確定していますので発売後気になっている方は是非また記事を見に来ていただければ嬉しいです。

・スチームワールドハイスト

・オクトパストラベラー

・進め!キノピオ隊長

他にも気になっているタイトルはいくつかありますが、ここで挙げていなかった『シャイニングレゾナンス』や『太鼓の達人』なんかも結構気になっていますのでまた購入したらそちらも別途レポートしていきたいと思います。

というわけで今年も暑い夏になりそうですが…

いつでもどこでも誰とでも

Switchで楽しく夏を楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください