『Blood Stained Curse of the Moon』レビュー・感想~良質安心の出来!本編が楽しみになる前日譚!~

長らくKONAMIの『悪魔城ドラキュラシリーズ』を手掛けてきたIGAこと五十嵐考司氏の独立後の最初の作品となる『Blood Stained Curse of the Moon』(ブラッドステンド・カースオブザムーン)が配信されました。

IGA氏は本作とは別に開発している『Blood Stained Ritual of the Night』(ブランドステンド・リーチュアルオブナイツ)を本編としていますので、本作は『Blood Stained』の中でスピンオフ作品という立場になります。

スピンオフとはいっても、フォトリアル調の現代的なグラフィックで探索アクションを楽しむ本編に対して、本作は8bitデザインでステージクリア型のファミコンスタイルという明確な差別化を図られていていますのでせっかく『Blood Stained』を遊ぶならどちらも楽しみたいものです。

そのクラッシックな懐かしいデザインの雰囲気は正にファミコン時代からの『悪魔城ドラキュラシリーズ』のファンを喜ばせる事を考えて作られた印象はありますが、ゲームの作り自体も丁寧に良く出来たものですので、是非その辺りも当記事を通してお伝えできればと思います。

スポンサーリンク

 

魅力的なゴシックな世界観と個性的なキャラクター達

本作は本編である『Blood Stained Ritual of the Night』の前日譚で”斬月”というキャラクターが主人公の2D横スクロール型アクションです。

出典:Blood Stained Curse of the Moon 公式HP

”斬月”は悪魔にかけられた呪いを解く為に『悪魔を根絶やしにしてやる』と刀をぶん回し悪魔退治の旅に出るわけですが、道中に3人の個性的なキャラクターを仲間に加えて4人でステージを攻略していく事になります。

因みに、4人のキャラクターは状況に合わせて瞬時にLRボタンでキャラをいつでも切り替えることが可能で、それぞれの個性や能力をどう上手く使っていくかが攻略の肝となるようにデザインされています。

出典:Playstation 公式HP

例えばミリアムはリーチの長い鞭や高いジャンプ力を持ち、スライディング等ができる優秀なキャラクターですが、その一方でジャンプ力があり過ぎる故に細かい足場を渡るのが苦手であったり、攻撃のアクションに隙がある等の弱点も持っています。

本編の主人公でもあるミリアム

一方で、ジーベルというキャラクターは蝙蝠に変身して空を飛べ、ミリアムが苦手とするような場所でも落下のリスクなく通過する事が出来ますので、彼に交代して進むというのも一つの手段です。

落下が怖い場所はジーベルで渡るのが吉

このようにステージの局面に合わせて4人のキャラの個性を生かして進んでいくというのが本作の一つの醍醐味になっています。

また、各キャラクターには直接武器で攻撃するメインウエポン以外に『サブウエポン』によってさらに個性漬けされています。

サブウエポンはステージ上のランプを壊して出てくるアイテムを拾う形で入手して、現在持っているものと入れ替る事が可能です。(ランプからアイテム入手ってまんま悪魔城ですね)

出典:Blood Stained Curse of the Moon 公式HP

本作は進む途中である程度有効なサブウエポンが出る様に親切設計されているので、そこまで深く考えずに出てくるサブウエポンを拾って進めばスムーズに攻略できますが、中には『やっぱり前持ってたやつの方が良かったな~!』と悔やむ時ももあります。

このように4人のキャラクターの個性やサブウエポンをどう使うか考え楽しさは本作においてゲームの攻略の楽しくさせていますね。

 

芸術的なドットと妖しさ満点かつクールなBGM

本作は全編ドットで描かれたゲームですがその描写は古臭さよりも芸術的なすごみすら感じさせられます。

特にボス戦の演出やボスのドットアニメーションは圧巻で、開発のインティクリエイツの職人芸がいかんなく発揮されており、980円という価格帯のゲームでここまでのドット書き込むのか!と唖然とさせられるクオリティです。

大迫力のボス戦のドット絵

グラフィックだけでなくBGMもかつてのファミコン時代の『悪魔城シリーズ』を彷彿させる独特のゴシック感あるサウンドで、IGAファンが期待しているものをちゃんと考えて作られていますね。

ビジュアルやサウンドにおいては非常に完成度が高く、『悪魔城が生まれ変わって返ってきた!』とかつてのファンも納得の嬉しい作品に仕上がっていのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

クラッシック感をしっかり残しつつも現代ゲーマーには適度に遊びやすい仕様

本作は見た目同様に操作性感覚もファミコン時代のゲームの様なクラッシックスタイルなので、最近のゲームしか遊んだことがない人には滑らかさや柔軟さに欠けるぎこちなさに少し抵抗があるかもしれません。

しかし、これはファミコンのゲームをやったことがある人にとっては『そうそう、昔のゲームってこういう感じだったよね』っていう不思議な安心感を感じさせる重要な事だったりもします。

難易度的も昔風のチューニングで最近のゲームと比べると”やや難しめ”ではありますが、ステージには細かく中継ポイントが設けられていたり無限コンテニューになる『カジュアル』モードも用意されている等現代的なゲームの親切さがきっちり取り入れられていますので、難しすぎてクリアできない!というゲームにはなっていないので安心してください。

カジュアルモードであればそこそこやり応えのあるごく標準的な難易度のアクションゲーム位にはなると思います。

その他にもキーコンフィグが完備されていたりと、幅広い層に対してユーザーフレンドリーにできる部分は極力しようという姿勢を感じさせる作りはとても好印象ですね。

 

一周のボリュームはコンパクトながら周回要素で補っている

本作はステージクリア型のタイプで全8ステージ、大体初見で1時間強くらいでクリアできます。

ただし各ステージにはルートが複数あり、クリア後には高難易度モードにあたる周回コース(二段階あり)が出てきますので少なくとも3周は遊べる内容になっています。

画面下側の赤いラインで複数のルートが表示

高難易度モードもただ単純にライフが少ないとかダメージがデカい…とかパラメーター調整だけ手を加えたものではなく、一周目のNORMALではいけない場所に行けるようになったり、全く別の展開が待っていたり…周回する事によって更に新たな体験ができるというのがポイントです。

詳細はネタバレになってしまうのでここでは控えますが、クリア後にアッと驚くようなネタが表れて『もう一回やろう!』という意欲を湧き立たせてくれるようなそんな内容になっていますので購入される方は是非楽しみにして下さい。

 

『Blood Stained Curse of the Moon』の総評

KONAMIを去り長らく作品を出していなかったIGA氏の復帰第一弾なる本作は『悪魔城ドラキュラ』の新生といっても過言ではないかもしれません。

美しいドット絵やおどろおどろしいサウンド、ダークな世界観…IGA氏の持つ個性的な世界観をしっかりと表現したインティクリエイツの仕事ぶりに対しても称賛を送りたいですね。

本作は何か新しい斬新な遊びを提案しているかわけではありませんが、その代わりに懐かしいグラフィックとBGMを上質で丁寧な新作として作り上げた作品です。

この作品を遊んだお陰でますます本編の『Blood Stained Ritual of the Night』が楽しみになってきましたし、本編を待っている人は勿論の事ドットの2Dのアクションゲームが好きな人にもオススメです!


スポンサーリンク