僕のヒーローアカデミア One‘s Justice PV第一弾公開!につき、開発会社のバイキングについて掘り下げる

タイトル:僕のヒーローアカデミア One‘s Justice

メーカー:バンダイナムコエンターテイメント

機種:Switch / PS4

発売日:未定


<< 僕のヒーローアカデミア One‘s Justice 公式ホームページ >>


本日バンダイナムコエンターテイメントよりNintendo Switch発売予定の『僕のヒーローアカデミア One‘s Justice』のPV第一弾が公開されました!

プレイアブルキャラクターは徐々に紹介されているものの、まだまだ全容は明らかになっていない本作ですが、原作さながらのこの激しい対戦アクションゲームを作っている『バイキング』という開発会社について今回はクローズアップしていきたいと思います!

新しいゲームが出たときにどんな会社や開発チームが作っているのか…というのは結構面白さを嗅ぎ分ける重要なポイントだと思うので、その辺りも踏まえて是非ご覧ください。

スポンサーリンク

 

バイキングってどんな会社?何を作ってる?

皆さんはバイキングという会社が今までどんなゲームを作ってきたのかご存知でしょうか?

バイキングは元々カプコンのアーケードチームのディレクターだった尾畑氏が作った会社で、一番有名なタイトルといえば『ガンダムVSシリーズ』ですね。

同シリーズの発足時からしばらくはカプコンがバンダイナムコから制作を請け負う形で作っていましたが、尾畑氏含めた開発メンバーがバイキングに行ったため、開発をスライドする形でそのまま今迄携わり続けているようですね。

バイキングという会社はカプコンのアーケード畑出身という事もあって独立後もガンダムVSシリーズ以外にもアーケードのゲーム作りを続けていきます。

スクウェア・エニックスと組んで作った『ガンスリンガーストラトス』もその一つですね。

このPVを見てもどこと無くガンダムVSシリーズに共通するものを感じさせますよね。

言うならばバイキング節でしょうか。

ガンストは家庭用ゲーム機には移植されていないのであまりなじみがない人も多いかもしれませんが、銃の付いた筐体で遊ぶ3Dの対戦アクションゲームで三作出ており、アニメとメディアミックスもされています。

出典:㈱哲信クリエイト公式HP

この二つのガンコントローラーを繋いだいかつ筐体を並べてオンライン対戦するというアーケードならではのゲームを作ったバイキングですが、次は更に発展させていきます。

 

やはりガンコントローラーだけでは物足りなかったのか!

今度はコクピット操縦を使ったアーケードゲーム『星と翼のパラドクス』を2018年秋稼働予定で開発しているようです。

この筐体…一台いくらするのでしょうか…滅茶苦茶高そうですね。

このようにバイキングはアーケードを中心としたゲーム開発を行ってきた経歴を持つ会社という事がお分かりいただけたと思います。

スポンサーリンク

 

バイキングが作るヒロアカはどんな感じ?

バイキングは上記の通りゴリゴリのアーケード畑の会社なので、家庭用ゲーム機専用の『僕のヒーローアカデミア』を開発するというのは異例だと思います。

ガンダムVSシリーズはアーケードで作られたのを移植していますし、家庭用ゲーム機だけのためにゲームを作るって経歴を見てても今までないみたいなんですよね。

そこはどうなるのか…特に気になる点ですが、ジャンプフェスタの映像を見た感じこれまたバイキングらしいアーケードライクなゲームに仕上げてきたなという印象です。

今までのノウハウをしっかり生かしたような3D空間をスピーディーに派手に飛び回るアクションで動きもいいです。

ガンダムVSと比べると狭めの空間で殴り合う近接格闘のゲームになっていますね。

出典:僕のヒーローアカデミア~One Justice~ 公式HP

原作では各キャラが個性を駆使して戦いますが、それを実際ゲームにどう落とし込んでどんな駆け引きが展開されるのかワクワクしますね。

出典:僕のヒーローアカデミア~One Justice~ 公式HP

映像も Unreal Engine 4 を使っているだけあって綺麗ですし、上手くコミックの雰囲気が表現されていていい感じですね。

キャラゲーって地雷がかなり多いイメージがありますが、上記の通り面白い3D対戦アクションゲームを作り続けている会社ですのできっとヒロアカも面白いゲームに仕上がってくるでしょう。

まだまだ公開されていない情報も沢山ありそうですし、是非今後の続報に期待しましょう!

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください