2018年4月発売のSwitch注目タイトル紹介



2018年4月、新しい年度になり入学・入社シーズンで新生活を始める方も多いと思います。そして月末から始まるGW!慣れない環境で少し疲れたときに気分転換にゲームをしたり、旅行や帰省の移動中のお供にSwitchの活躍する時期でもありますね。

4月は全体的にGWの子供の日のプレゼント需要を見越したキッズ向けタイトルが多めな傾向ですが、なんといっても今月はゲームファンの度肝を抜いたNintendo Laboがどれだけキッズに人気が出るか大注目です!

大人にとってはやや今月のラインナップは移植物が中心でやや地味ではありますが、渋めのじっくり遊べる面白そうなタイトルもいくつかあるのでそちらも要チェックですね!


4月4日
ファンタシースターオンライン2 クラウド/セガ DL専用

Switch初のクラウドを使ったオンラインMMORPGです。クラウドはインターネット回線の品質によって快適さが変わってきますが、他機種でPSO2を少し遊んだ感じではそこまでシビアなアクションゲームではないのでよっぽど回線状況が酷くなければ無線LANでも大丈夫そうですし、Switchの携帯モードでチマチマ遊ぶのは中々良さそうですね。

他機種ではバランス調整やその対応で不満が爆発してしまっているようですがアイテム課金型の基本無料なのでとりあえず遊んでみてダメなら他に行きましょうという軽い感じで私は手を出してみる予定です。

因みにサーバーによっては他機種とのプレイヤーと同じ部屋で遊べるようですが、何故かPS4のユーザーとはチャットできない模様ですw何故だw


4月5日
アンエピック/フライハイワークス DL専用

管理人の4月の本命はこれです。見た目はレトロスタイルですが難易度高めのアクションRPGで主人公を魔法使いや剣士等好きなようにキャラクタービルドもできるという割と現代的なゲームシステムという事なのでダークソウルとかが好きな人には良さそうですね。

Steamでの評価を見ると非常に好評で、この手のゲームにしては珍しくテキストが褒めれれているのが目立ちます。フライハイワークスさんはローカライズ(翻訳)に定評があるパブリッシャーなのでここも要注目です。

因みに価格は1000円とPS4版よりも500円以上お得!他のハードはパブリッシャーが違ったり手数料などのハード毎のコストが異なる分価格に出ているところもあるでしょうが、フライハイさんは毎回頑張ってSwitchのソフトに対して安い値段設定をしてくれるので助かります。

これ絶対コスパいいでしょ!(確信)


4月12日
スナックワールド トレジャラーズ ゴールド

3DSに去年の夏でたハック&スラッシュ系アクションRPGのスナックワールドが早くも完全版でSwitchに登場!Lv5さん、相変わらず完全版出すの早すぎません?w

今月はNintendo Laboかこのスナックワールドにキッズ人気が集中しそうですが、ハクスラのゲーム性は大人が遊んでも面白そうです。映像面やアクションが大幅にアップしていたりDLCが全部入りなどお得感も満載で私も気になります。

パッと見た感じキャラのモーションがカクカクしてた3DS版よりも良くなってますし、3DS版で不評だった報酬をジャンケンで取り合うシステムが排除されている等不満点の解消もされているようなのでかなり遊べるゲームになっていると期待できそうですね。


4月19日
ネオアトラス1469/アートディンク

初代プレイステーションで発売された隠れた名作NEO ATLUS2のリメイクでプレイヤーは貿易商としての成功を目指すと同時に交易を通じて得た情報を信じる/信じないを選択し、それによって世界地図を作っていくゲームです。色んなイベントや選択によって世界が大きく変化していくという唯一無二のゲームシステムは遊ぶ度の変化ももたらしますし、好きな人は何度も遊べますね。

Steamの購入者レビューを見るとお金がバンバンたまっていくゲームバランスでシミュレーションゲームというよりはアドベンチャーに近いゲーム性でまったり楽しめそう。

既にSteamとVITAで出ていて興味があったのですが前者は日本語版がなく、VITA版は使っているエンジンのUnityとの相性で動作に問題があったのでスルーしていました。Switch版も評判を見てよさそうなら是非遊んでみたいですね。


4月19日
ポータルナイツ/スパイクチュンソフト

マイクラとドラクエビルダーズによく似たサンドボックス系アクションRPGは滅茶苦茶Switchと相性がよさそう。

マイクラ程クラフトが自由ではないけどアクションRPG要素が強く、リニアなドラクエビルダーズよりも自由に探索できるゲーム性というのはちょうど良い狙いどころですね。

何よりマルチプレイがオンライン/ローカルで遊べるというのは大きいですし、友達と一緒に戦う共闘ゲームとして上手く口コミが広がれば、学生さんに特に受けそうな気がします。

Steamの評価も非常に良いですしSwitch版も移植がちゃんとされていれば定番ソフトになるポテンシャルはありそうなゲームですね!


4月20日
Nintendo Labo Toy-Con 01、Nintendo Labo Toy-Con 02/任天堂

これはもはやゲームと言っていいのでしょうか?Switchでは任天堂はどちらかというとゲーム愛好家が好きな王道のゲームを中心に展開してきましたが、久々にとんでもない飛び道具を出してきました。

段ボールを組み立ててゲームを遊ぶというのだけでも楽しそうですが、Laboが一過性のおもちゃで終わらない為に一番重要なポイントは『自分で遊びを考え実行する楽しさ』がユーザーにどこまで浸透するかという事になりそうです。

ターゲットとしてはキッズが中心でプログラミング思考を学ぶツールとして親御さんが買い与えたり、工作好きな大人やアイデアマンが色んなLaboを使った遊びを動画やブログに載せて盛り上がる可能性を感じます。

とりあえず前例がないものなのでどれだけヒットするのかは未知数ですが、私もプレゼント用にToy Con01を予約していますので今後の報告にご期待ください!


4月26日
SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch/バンダイナムコゲームス

PS4/VITAで出たGジェネがDLCを全部入りで登場。Switch初のガンダムタイトルですね。

管理人はPS4版を既に遊んでいますが、スパロボと比べて意外とゲーム難易度がしっかりしていて手強いステージもあったりと想像していたよりもずっと面白かったです。私の場合は量産機縛りをしていて勝手に自分で難易度を上げてたというのもありますがw

収録作品が宇宙世紀に限定で人気のSEEDや00等宇宙世紀外のガンダムが収録されていないことに不満を待つ人も多かったみたいですが、宇宙世紀に絞ったおかげで世界観はいつもより纏まった作品になっていました。

一年以上たっている移植作品なので既に遊んでいる私としてはもうちょっと値段を下げて欲しいところですが、他機種版をまだやっていなくて宇宙世紀のガンダムを好きな人にはお勧めです。


4月26日
NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームトリロジー for Nintendo Switch/バンダイナムコゲームス

こちらもSwitchに初登場、ナルティメットストームのリマスター三作入りのゲームです。

アニメがそのまま動いているというか下手なアニメよりクオリティが高い映像でこんなものが携帯できるハードで遊べるようになるとはいい時代になりました。据置機では3作分もボリュームがあるゲームはちょっと大変ですが好きな時に持ち運んで遊べますしね。

ゲーム評価はやや賛否両論って感じですがキャラのモデリングやその動きは素晴らしい出来なので兎に角ナルトが好きかどうかで大きく評価が分かれそうですね。


 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください