『星のカービィスターアライズ』レビュー・感想 ~誰でも遊べる易しさと凶暴さを孕むピンクの悪魔~



タイトル:星のカービィスターアライズ

メーカー:任天堂

機種:Switch


ココがいい!

・王道カービィの集大成で見た目もゴージャス

・仲間をとっかえひっかえ、ド派手でやんちゃな大名行列が楽しい

・人と一緒に遊べば最高、ひとりぼっちでもCPUと協力プレイが楽しめる

ボリュームは?

・ストーリーをクリアするだけなら3-4時間程度

・クリア後の解放要素ややり込みを踏まえると60時間以上は遊べそう

こんな人にお勧め!

・小学生以下の子、またはその年代の子を持つ親

・アクションゲームが不慣れな人

・癒しを求めているサラリーマン

注意した方がいい点

・本編ストーリーの難易度が簡単すぎる

・ローディングを細かく挟むので少しテンポが悪い

・敵味方ワチャワチャし過ぎて一瞬自キャラを見失うときがある


星のカービィシリーズは『幼い子やゲームに不慣れな女性も楽しめるゲーム』をコンセプトとして作られたアクションゲーム。本作スターアライズも同様にゲーム初心者や子供に対する配慮がいたるところに感じられる作品だ。そのキャラクターデザインの可愛らしさも相まって大人の男性プレイヤーやコアゲーマーは蚊帳の外といったイメージではあるが、今回実際にプレイをしてみると意外とその間口が広く作られていることに気が付かされた。

私は本作を5歳児の子供と一緒にプレイと自室で一人でじっくり遊ぶ事も並行して遊んだ結果。大人のゲーマーとして感じた印象と子供と一緒に遊んで感じた印象…この二つの観点を軸にして今回はレビューをしたい。


ゲーム初心者や子供にとっても優しいカービィ

難易度が優しいカービィシリーズの中でも特にスタアラは簡単かもしれない。カービィはいつもの通り空も飛べるし多少の攻撃を食らってもマリオの様にすぐ死んでしまうようなことがない。本作はそれに加えて最大3人の仲間を引き連れて冒険をすることができる。仲間は他の人が参加して操作してもいいし、人が足りない分はCPUが操作をしてくれる。このCPUもなかなか優秀なやつらで例えカービィが何もせずとも3人いれば大概のボズを倒せるほどの思い切ったバランス調整をしている。

実際、我が家の5歳児は仲間をスカウトするだけして自分で直接敵に手を下さず仲間に倒させるマネージャープレイでカービィを満喫している。全部で40程あるステージの内25ステージぐらいまでこのプレイスタイルで進められてしまうのはある意味凄いゲームだ。世の中にはマリオをはじめとするアクションゲームは山ほどあるが、ここまで小さな子やゲーム初心者がストレスフリーで楽しめるアクションゲームはないだろう。

当然終盤に向かうにつれて難易度が上昇していくが多少ボスには詰まっても問題ない。カービィはここでも抜かりがない。プレイヤーが負けてリトライすればどんどん相手が弱くなるというゆとり…優しさが発動するのだ。後半は少々激しい攻撃を繰り出してくるボスも出てくるが難しすぎて投げる確率は低いだろう。

操作性も触っていて動きが気持ちよくストレスを感じさせない。ボタンを適当にガチャガチャやっているだけでも連続攻撃が決まったり敵を豪快にぶっ飛ばす見栄えの良いアクションが繰り出される姿にあたかも自分が上手く操作しているように感じることができる。仲間と協力して繰り出すフレンズ能力はド派手で見ているだけでも楽しく爽快だ。スタアラは難易度の面では刺激は薄めだがこの操作感や攻撃の派手さでプレイヤーをしっかり魅了して楽しませてくれる。これはカービィの伝統でもあり長年ファンから愛され続ける理由だろう。


大人ゲーマーにとってのカービィ

最初に一つ言えるのは子供と一緒に楽しい時間を共有するのにスタアラは最適なツールだ。子供と協力して声を掛け合いながらコミュニケーションを取るにはカービィは向いている。ゲームに不慣れな友達や恋人と遊ぶのにもいい。しかし、そういう目的ではないあくまで大人が個人的に遊ぶという観点で見たときは果たしてこのゲームは良いゲームであるのだろうか。

前述したとおりカービィは難易度が低い。びっくりするぐらい低い。マリオの様にギリギリのジャンプを成し遂げたスリルやゼルダの様な頭を悩ます意地悪ななぞ解きを解いたときのひらめきの快感もない。ゲームの世界にひりつく刺激を求めているゲーマーにとって本作は退屈に思える瞬間が多々あるのは確かだ。ストーリーもゲーマーなら2~3時間であっという間に終わるので一回クリアしたらお終いって人にはボリューム不足を感じるだろう。

しかし別の視点で見たときに、本作の賑やかなな世界観やキャラの可愛さには癒されるし、気持ちよく暴れられてストレス発散にはもってこいなゲームだ。道中はちゃんと仲間がサポートしてくれるし、助けを求める仲間を復活させてたり一人で遊んでいても仲間のCPUのお陰でい手軽に協力アクションプレイができる。友達と集まってゲームをするという事がなかなかできない大人にとってもこのシステムは非常に良い代物だ。

そして忘れてはならないのが星のカービィシリーズお馴染みのクリア後のやり込みコンテンツ。ネタバレになるので詳細は控えるが、本編には出てこない強敵との戦いや強化された難易度のステージなどの登場にチャレンジ精神を掻き立てられるモードがクリア後に開放されるのだが、大人ゲーマーはここから本編スタートだと言ってもいい。ゲームのスピード感や攻略性が増したクリア後のコンテンツはマリオのように刺激的で楽しい。

スタアラは開発会社のHAL研究所が王道カービィの集大成として送り出したという通りシリーズファンが喜ぶような要素が満載だ。懐かしのあのキャラクターやあのBGM等子供の頃遊んだ時の記憶がよみがえりノスタルジーな気分に浸ることも多い。今後もアップデートでGB時代のキャラなども追加されるようでカービィを昔遊んだ大人ゲーマーや昔からのカービィファンをしっかりと狙い撃ちしてくるので要注目だ。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください