Switch版『ポケモンクエスト』レビュー・感想~収集と厳選に集約されたポケモン~

5月30日に行われたポケモンの発表会で『ポケットモンスター Let’s Go ピカチュー/イーブイ』が衝撃的な発表をされましたが、それと共にF2P(基本無料ゲーム)の『ポケモンクエスト』がSwitch/スマホ向けで発表されました。

6月末のスマホ版に先駆けてSwitch版が同日配信という事で管理人も暫く片手間に本作のSwitch版を無課金で続けています。

現在終盤の攻略をしているところまで進んでいて本作について色々お話しできそうな段階まで来ましたので、本日は『ポケモンクエスト』のレビューを記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

キュートな相棒というよりもやや無機質な存在のポクセルたち

本作のポケモンはポクセルと呼ばれるカクカクのキャラクターです。

出典:『ポケモンクエスト』公式ホームページ

ポクセルは見た目だけでなく集め方も本家とは大きく異なり、モンスターボールで捕まえるのではなくクエストで入手した素材を使って料理を作ると寄ってきて仲間になります。

料理に引き寄せられ仲間になったポケモンたち

どんな素材を使うかによって料理の種類が変わり、その種類によって仲間になり易いポクセルの傾向等が変わってきますがランダムなので自分で選んで仲間にすることはできないというのが本作のポイントですね。

まぁ…いわゆるガチャです。

ポクセルは所有する『わざ』や強化アタッチメントである『Pストーン』を取り付けられる枠が個体によって全然違うので、同じ種類でも能力値に個体差があります。

画面左側のポケモンのステータスにATK(赤)、HP(青)をはめ込んで強化

上のフーバーよりもHP(青)のアタッチメントをはめる枠が多い

この個体差は完全ランダムで中には殆どHPの枠がなくてひ弱なものがあったり、逆に攻撃の枠がなくて全然敵にダメージを与えられないものや、使えない技しか持っていない等極端な偏りがあるものも混ざっています。

欲しかったポクセルを手には入れたけど全く戦力にならなくて使い物になりませんでした…というがっかりするハズレくじ的なパターンも結構あるのでのでどんどん集めて使えるポケモンを厳選していくのが大前提になっています。

使えないポクセルは他のポクセルのレベル上げやわざを覚えさせるためのお供え物として使えますが、これによってポクセルに対して愛くるしい仲間というよりも入れ替えする無機質な手札のようなイメージを抱かせる印象がありますね。

 

スポンサーリンク

携帯モード、スマホでながらで遊べる事に特化したデザイン

本作はポケセルたちをクエストに派遣して探検をしていきますが、基本的にオートバトルで進行します。

自動で敵を探し攻撃をするポケモンたち

プレイヤーができるのは各ポクセルのわざの使用とその場から離れる回避行動の二つだけでほぼオートで進行します。

プレイヤーのテクニック的なものはほぼ問われない代わりにポケセルの相性や能力がクエストの成否を大きく左右しますので、いかに効果的なメンバーを組んで出撃するかが重要であり、その編成をやり繰りするのかが本作の面白い部分ですね。

因みに、AUTOボタンにするとわざもポケモンたちの判断で使ってくれますので、ほぼ全部自動での進行が可能です。

AUTOはそこまで賢くないのである程度の強敵やボスと戦うときは自分で操作して指示をする必要もありますが、楽に倒せるような相手はAUTOで十分なレベルです。

Switchの携帯モードやスマホで他の事をしながら遊ぶには丁度いい塩梅ですね。

逆にTVモードについてはコントローラーの最適化がイマイチで、『とりあえずボタン操作も入れときました』的なやっつけ感で操作がしにくいのでTVモードで遊ぶメリットをあまり感じません。

TVモードはおまけで携帯モードやスマホで遊ぶのに割り切って作られたゲームと考えてもいいと思います。

 

無課金で自分のペースでゆっくり遊べるゲーム

本作は基本無料(アイテム課金有り)のフリートゥープレイ(以下F2P)のゲームで、課金アイテムを購入するショップにアクセスする時のみインターネット接続が必要です。

スマホの場合はどこでもネットワークに繋げれますがSwitchの場合Wi-Fiの届かない場所でプレイする事もありますし、オフラインで遊べるのは嬉しいですね。

また、他のプレイヤーと競い合うソーシャル要素や期間限定イベントなどもないので自分のペースで気ままに遊べます。

イメージ的にはオフラインゲームで、ゲーム進行を早くしたい場合はネットにつないで課金アイテムを買う…という形なのでF2Pでも家庭用ゲーム機の買い切り形メインでゲームをやっている人にも馴染みやすいのではないでしょうか。

私は無課金でやっていますが、比較的無課金でも十分遊べる印象です。

仲間キャラクターの枠等も毎日もらえるポイントやミッションでもらえるポイントなどで十分なほど拡張できますし。

ただ、ゲーム進行に関しては序盤はサクサクと進みますが後半のステージで敵の強さが一気に上昇するので無課金勢は一旦ブレーキがかかります。

そこで相性の良いポクセルを育てて連れて行くか、レベリングをすることになるのですが…ポクセルはガチャ入手ですし、レベリングはスタミナ制限がきつめなので、後半戦は気長に時間をかける必要性はあります。

課金をすればポクセルをより多く集めやすくなったり、強いポクセルを貰えたりと大きく攻略が楽になりますので…そこは本作にお金をかけるかお財布と相談ですね。

 

『ポケモンクエスト』の総評

カクカクしたポケモンのデザインや簡素化され収集厳選に特化したゲーム性は特合う合わないが分かれるものだと思いますが、その分誰でも遊べる間口の広さでカバーしている印象はありますね。

無課金でも十分遊べて自分のペースで進められますし、自動操作で勝手にクエストクリアしてくれますので、お金をかけずカジュアルにゲームと接したい人にはもってこいのゲームです。

私はどちらかというとアクションゲームや頭を使うシミュレーションゲームなどを好むタイプなので、本作は基本無料だから遊んでいる(課金してまでは遊ばない)…というのが正直な所ではありますが…。

Switch版はTwitterでも話題にしている人が多いですし、2日で100万ダウンロードという話もありますのでスマホ版も配信後人気が出て『ポケモンGO』に次ぐヒットタイトルになって欲しいですね。


 ポケモンクエスト 公式ホームページ


スポンサーリンク

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.