2018年6月発売のNintendo Switch注目タイトルをご紹介!雨の日はこれで遊びたい!

6月の日本といえば梅雨が始まるシーズンで憂鬱な時期という方も多いかもしれませんが、悪い事ばかりでもありませんよね。

ゲーム関連で言えば何より6月は世界で最も大きなゲームイベント『E3』がロサンゼルスで開催される月です。

今年の任天堂は『スマブラ新作』を含めた新作発表を動画配信で行う他に『スマブラ新作』と『スプラトゥーン2』の世界中のプレイヤーを集めた大会をE3会場で行う予定です。

その他にも『ポケモン新作』や『ファイアーエムブレム新作』、『スターフォックスグランプリ?』…その他未発表タイトルもお披露目となるという噂も国内外で飛び交っていますが、いよいよ『E3』を迎えるこの時期は全世界のゲームファンが胸躍る時期でもあります。

『E3』での発表でより今後のSwitchライフが楽しくなるようなサプライズを期待して待ちつつも、雨が多くなってくるこの時期を部屋の中で楽しく過ごせるような6月発売のNintendo Switchの注目タイトルをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

7日 リトルナイトメア デラックスエディション

本作はミニマムな少女が囚われた船から脱出するというストーリーの横スクロールのアクションアドベンチャーです。

Unreal Engine 4のリアルなグラフィックはホラーテイストをふんだんに入れておりアートワークにも非常に興味深いものがあります。

ゲーム性としてはトライ&エラーで何度もゲームオーバーになりながらも攻略の糸口を見つけクリアを目指すタイプでクリアまでは4,5時間程度と比較的コンパクトに密度の濃いゲームですね。

本作は他機種版では別売りだったDLCを含む完全版ですのでお値段的にもお得ですね。

・関連記事

Switch版『Little Nightmares Deluxe Edition(リトルナイトメア デラックスエディション)』レビュー・感想

 

8日 超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido

任天堂の新規IPで開発は『ファミコンリミックス』やスクエニの『シアトリズムシリーズ』を手掛けたインディーズゼロの作品になります。

キャラデザインや導入されるストーリーのノリは『コロコロコミック』を彷彿とさせるますが、寿司+忍者+金髪…という海外の人も好きそうなエッセンスをさりげなく入れていて本作がどう受け入れられるか非常に興味深いです。

ゲーム内容的には『パズドラ』等の同じ色のものを繋げていくスマホのパズルゲームから強く影響を受け、それをSwitchや3DSに合わせた進化させたようなシステムですね。

『スシガミ』というスキルを使えるキャラクターを集めて育てたり、オンライン対戦も対応しているという事でハマればかなりやり込めるタイトルになりそうです。

本作は既に体験版が配信されておりますので興味がある方は是非プレイをしてみて下さい。

因みに、管理人は本作を既に予約していますのでプレイ後レビュー記事の掲載を予定しています。

 

9日 GOD WARS 日本神話対戦

斜め上から見たクオータービュー視点のターンベースシミュレーションRPGで、日本の昔話であったり神話の登場人物がキャラクターとして登場する実に日本風なゲームです。

先に他機種で発売されたときの評価は『光るものはあるけど作りが荒い』といった印象ですが、本作ではユーザーから得たフィードバックで改良したものとなっているそうなので良いゲームになっていると期待できそうですね。

仲間の数もそうですが職業や全50ステージの特盛やり込みダンジョン等ボリュームが半端ない本作はひと月では到底遊びきれなさそうな気がしますね。

 

21日 Minecraft(マインクラフト)

既にSwitchには『Minecraft Nintendo Switch Edition』が存在していますが、それとは別にWindows10/スマホ/Xbos Oneとクロスプラットフォームで遊べる統合版『Minecraft』として新しく発売されます。

本作は今までの『Switch Eidtion』から色々と変更点がありますが、特に目立った部分として、上記のクロスプラットフォーム以外に有限だった世界の広さが無限になるという事と、サーバーを借りて身内でワールドを共有したり公開されてるサーバーに繋いで見知らぬ人と100人を超える大人数でのマルチをできる等のオンライン要素の大幅強化が挙げられます。

既に『Switch Edition』を購入済みの方は無料で本作をe-shopからダウンロードでき、セーブデータもそのまま使用できるという事ですので是非移行をしましょう!

スポンサーリンク

22日 マリオテニスエース

6月の大本命…というか今年前半のNintendo Switchの一番の注目タイトルはこちらでしょう!

『マリオテニスシリーズ』はニンテンドー64から長く続いているシリーズですがマリオカートやマリオパーティと比べると幾分か地味で人気もそこまで…という存在ではありました。

しかし今回の『マリオテニスエース』の劇的進化によって大きくその殻を破りそうです。

下の動画を見て頂くとよくわかると思いますが、ゲージを上手く管理して戦略的な駆け引きを充実させた対戦となっていて相当遊び応えのあるゲームになっていますね。

Wiiスポーツの様な体感系のスイングモードや一人で遊ぶストーリーモード、オンライン対戦や大会等非常にゴージャスになったマリオテニスはマリオカートに次ぐマリオフランチャイズに成長しそうな予感がします!

因みに6月1・2・3日と先行オンライン大会が予定されているので是非Switchをお持ちの方は参加下さい。(先行大会に参加すると製品版で使えるマリオのコスチュームが入手できるそうです)

私も本作を凄く楽しみにしていて先行オンラインだけでなく製品版もバリバリ遊んで今後記事にしていこうと思っていますのでそちらも是非ご期待ください。

 

26日 ルミネスリマスター

本作はPSPに出た『ルミネス』のHDリマスター版で、映像を現代的にリファインしただけでなく”音と光の電飾パズル”というシリーズのコンセプトに+振動を加えたのが本作です。

本作は上からブロックが落ちてくる落ちもの系パズルで、プレイヤーはブロックを動かして同色の四角形を作り、音楽に合わせて左から流れてくる光るバーがそれを消していく…というルールです。

また、本作PS4等他機種でも同時発売さますが、Switch版はオプションとして6つのJoy-Conを体につけてゲームと連動した振動を体に感じながら”視覚聴覚触覚”で楽しめるという非常にユニークな要素が追加されています。

私はProコンとJoy-Con(4つ)持っているのでこれでも対応できるか気になるところですが、 またプレイレポートなりTwitterで分かり次第報告させていただきます。

ルミネスリマスター公式サイト

 

28日 イース8 Lacrimosa of DANA

イースといえば近年はPlaystation…もっと昔はPCというイメージが強いシリーズ作品ですが、シリーズ最高傑作とも言われる本作がSwitchに登場します。

爽快感ある戦闘アクションや豊富なやり込み要素と充実したアクションRPGは雨の日が続きがちな梅雨時にじっくり遊ぶのにもってこいのゲームですね。

このシリーズは音楽も評価高いですし、ゼノブレイド2の為にSwitchを買ったという人は結構気に入るゲームかもしれません。

シリーズ作品で”8”というナンバリングが付いていますが前作との繋がりもなく新規プレイヤーも楽しめる内容になっているので興味のある方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

未定 Mantis Burn Racing(マンティスバーンレーシング)

月刊フライハイワークスの6月の一本はこちらです(笑)

俯瞰視点でラジコンカーの様に車を操作するレースゲームは昔のファミコン世代のクラッシックゲームに沢山ありましたが、本作はそれらを現代的なグラフィックにリファインしたような作品ですね。

レースで経験値を得ることでマシンをカスタマイズできるようになったり、4人のオフラインマルチ対戦だけでなく最大8人までのオンラインマルチ対戦にも対応しているという中身についても今の時代に合わせた仕様になっていてハマれば長く遊べそうです。

 

…というわけで以上が6月の注目タイトルの紹介になります。

今月は『マリオテニスエース』と『寿司ストライカー』という任天堂のタイトルが2本をメインにして私も遊んでいきたいなと思っていますが、まだまだダウンロード専用タイトルが追加されてくると思いますので都度プレイしたゲームがあれば記事にしていきたいと思っています。

それでは皆様6月も充実したSwitchライフを!

スポンサーリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.