スマホ版PUBG日本襲来!スマホ版スプラトゥーンの後押しになるのか?!

遂に日本でも配信が始まりましたスマホアプリ版『PUBG(Player Unkown Battle Ground)』。

当ブログは基本的にNintendo Switchもしくは任天堂関連の内容に絞ったブログですのでスマホ版『PUBG』の中身について言及はしませんが、本日はスマホ版『PUBG』が出た事による今後の任天堂のスマホアプリへの影響などを語らせていただきたいと思います。

なお、当記事は色々と管理人の希望的観測なども大いに含んだものですので温かい目でご覧いただけたら幸いです。

スポンサーリンク

 

スマホでTPSのゲームが受け入れられる時代が遂に来た

去年大ブームになった『PUBG』ですので多くの人がご存じたと思いますが、元々はハイエンド向けPCで流行った100人で対戦するバトルロワイヤルゲームで最後に生き残った人が勝ちというゲームです。

操作性は所謂TPS(サードパーソンシューティング)でスプラトゥーンの様にキャラを後ろから見た視点で銃を撃ち合うゲームですね。

この手のシューターはボタン操作が多く、エイム(照準の狙い)等のキメ細かい操作も要求される為マウスとキーボード操作が最も適したジャンルと言われてきました。

ですので、ゲームパッドを使って操作する家庭用ゲーム機のシューターすら邪道とも言われる世界であり、ましてや物理キーなしで小さな画面のスマホではまともにできないだろうというのが今までのTPSを遊んできた人たちの印象だったと思います。

そんな中で出てきたスマホ版『PUBG』です。

PCで既に『PUBG』を遊んでいる私も『流石にあれだけ操作性が色々複雑だと無理なんじゃないの?』って半信半疑でした。

しかし、ふたを開けてみたら日本の事前登録だけで150万を優に超えるというとんでも盛り上がりです。

去年『PUBG』が物凄く流行った時に公表されたPC版の売上は確か30万位でしたので圧倒的にスマホ版の方がニーズが高いんですよね。

有料(¥3000円程度)かつ要求マシンスペックがかなり高いPC版と基本無料で誰でも持っているスマホとでは母数が全然違うので当然と言えば当然かもしれませんが、これだけの人がスマホで『PUBG』をやりたがっているというのは驚愕の事実ですね。

そういえば本家の『PUBG』の前に『荒野行動』というパクリで問題になったアレも凄い人気でしたから『PUBG』本家が来たらこうなるのは必然だったのかもしれません。

アプリとしての評価も高く、Apple Storeでも現在2万人近い人たちが投稿して☆4.5ですし、SNSも色々覗いて見ましたが『操作が難しい』というワードはあるものの純粋にPC版とは違う別のスマホ版『PUBG』として受け入れられている印象です。

いよいよスマホでシューターを遊ぶ時代が到来した…そう強く感じさせられますね。

 

スマホでTPSがOKなら『スプラトゥーン』もできるんじゃない?

スマホの『PUBG』が受け入れられるとなると今後は同じTPSという括りの『スプラトゥーン』をスマホで出して欲しいという期待がかなり高まってくると予想されます。

実際にスマホ版『PUBG』を遊んだ印象としてはじっと隠れてやり過ごしたり相手の見てないところから遠隔射撃する鬼ごっこ感があって多少操作がぎこちなく操作し辛いですが『PUBG』としての面白さはちゃんとスマホ版でも楽しめまるようになっているんですよね。

やはりそのゲームが持つ独特な面白さをちゃんと楽しめるかどうかは非常に大きなポイントで、『PUBG』はスマホでもしっかりとそれが再現できていので『スプラトゥーン』も上手くやってくれるなら遊んでみたいと思う人は多いでしょう。

しかし『スプラトゥーン』をスマホに落とし込んだ場合でも『PUBG』のように受け止めてもらえるのでしょうか?

『スプラトゥーン』の魅力といえばあの世界観やキャラクターもありますが、重要なのはインク塗りの面白さと競技性、アクション性だと私は考えます。

インクをぶちまけて床や壁に色を塗ってその中をスイスイ泳ぐ気持ちよさや敵にインクを当てたときの『パパパパパンッ!!』と風船を割るようなリアクション…操作感の良さは特に求められるポイントです。

それはPUBGの様にそのままスマホに落とし込んで再現できるかというと難しいでしょうし、ハードに合わせたゲームをきっちり作る任天堂が”強引にそのまま落とし込む事”をやるようには思えません。

ですのであくまで今私たちが知っている『スプラトゥーン』はスマホで何か大きなイノベーションが起きない限りは任天堂のゲーム機で遊ぶゲームであり続けると充分考えられます。

しかし『スプラトゥーン』は今や任天堂を代表する世界的なIPですから、何らかの形に大きく変えたスマホ版を出すという事は大いに考えられますよね。

スポンサーリンク

 

スマホ版『スプラトゥーン』はこうなる?大胆予想!

元々任天堂はアクション要素が強いゲームのブランドを多く持っている会社で『ス―パーマリオ』がその代表格ですが、そのマリオもチャリ走のようなRUNゲームを上手く参考にして『マリオRUN』として発売しました。

『マリオRUN』は自動で動く代わりにマリオの楽しさの骨子であるジャンプアクションに特化したゲームで非常に良くできたスマホアプリです。

そして私は『スプラトゥーン』もこれと同じような事をするのではないかと考えます。

指一本でインクリングを操作して敵が近づいたり自分のインク以外のところをタッチするとインクを撃つ…みたいな半自動で遊べるシンプルなものに作り替えてくるかもしれません。

そうするとシューターとしてのゲーム性は排除されますが、より陣取りの色塗りゲームっぽくなり『PUBG』みたいに大勢でチームに分かれて色を塗りあうなんて大規模イベント等もできますし。

ーとまぁ素人がこんな感じで色々妄想で突っ走っても仕方ありませんのでこれぐらいにしておきます(苦笑)

兎に角『PUBG』や『Fortnite』の様なPCゲームや家庭用ゲーム機のシューターがスマホで受け入れられる事がスマホゲームの可能性を広げ、そしてスマホ版『スプラトゥーン』等が出せる後押しになってくれると管理人は秘かに期待しています。

噂レベルですがSwitchにでるポケモンが『ポケモンGO』と連動するみたいな話も出ていますし、Switchがスマホを敵とせず共存共栄を果たすことができるのか今後しっかり見ていきたいですね。

 

スポンサーリンク

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です